ひみつ基地

2016年08月号 vol.42

記事タイトル一覧

安易な「給付型奨学金」導入で見えなくなる本質的な日本の教育問題とは?-キャリア教育と10代から働ける環境の再構築こそ急務

記事テーマ:pick up

貧困家庭にいる子どもの支援に、社会的な注目が集まっています。子どもの貧困率のひとつの指標となる「就学援助を受けている率」は、平成25年度全国平均で15.4%と、およそ6人に一人にのぼります。そのため、貧困の連鎖を断ち切るために、無料で子どもへ学習のサポー...

ymenjo ymenjo

「困った子」ではなく「困っている子」生徒の数だけ、支援や指導は多様にある-東朋高等専修学校校長・太田功二氏インタビュー

記事テーマ:Interview

健常児と障がい児だけでなく、不登校、引きこもり、非行なども含めた本格的な「共生教育」「自立支援」を実現させた奇跡の学校が大阪市にあります。 かつて生徒の問題行動が絶えなかった専修学校に一人の男性教員が招かれました。赴任後、その男性教員は問題の背景に生徒...

editorial_desk editorial_desk

不登校の子どもこそアクティブラーニングに向いている-「不登校」ではなく「脱学校」で主体的な学び方を作る

記事テーマ:column

「アクティブラーニング」という言葉が一般化してきました。本屋さんの教育ブースへ行くと、「アクティブラーニング入門」などのタイトルが多くみられるようになりました。 このアクティブラーニングという言葉は、2012年8月28日の中教審(文部科学省中央教育審議...

makoto_m makoto_m

長時間の部活動が子ども達から奪っている2つの機会-部活動ばかりの放課後が価値観や視野を狭めている

記事テーマ:column

教員の長時間勤務の解消の視点から中学校の部活動について、様々な議論が起こっています。OECDの国際調査でも日本の教員の長時間労働が明らかになっており、中学校や高校の部活動の負担について問題視されています。文部科学省でも教員の長時間勤務の解消を目指したチー...

editorial_desk editorial_desk

【イベント】第1回若者自殺対策全国ネットワークフォーラム「若者の自殺に対して私たちは何ができるのか!?」

記事テーマ:events

日本の若者の自殺問題に対して協働で取り組む「若者自殺対策全国ネットワーク」は、2016年9月11日(日)に東京都港区にある日本財団にて第一回目のフォーラムを実施します。フォーラムでは、発起人の6名が登壇し、日本の若者の自殺の実態と課題についてリレートーク...

editorial_desk editorial_desk

【求人情報・2016年8月】子どもや若者の成長を支えるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業で働く!

記事テーマ:recruit

「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事ができないかな?」という方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。「DRIVEキャリア」は、志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー...

drive drive

バックナンバー(もっと見る)

2016年07月号 vol.41

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2016年6月号 vol.40

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2016年5月号 vol.39

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...