Facebook、LINE、Twitterなどの様々なSNSがコミュニケーションの手段として世の中に定着していますが、皆さんは何を使っていますか?実は、世代によってかなり使うツールや使い方が異なり、今、若者のコミュニケーションや人間関係のあり方がガラパゴス化しつつあると言えます。前回の記事(日本の10代の妊娠中絶は1日約53件!他人事ではない若者の性のリアル-性教育が性行動を助長するという誤解)では、若者の分極化する性の現状と求められる対策についてまとめましたが、今回はその背景にある若者の恋愛・コミュニケーションの変化について迫りたいと思います。
 

Photo by GU/古天熱
 
ネットからの出会いや恋愛が日常化しつつある若者世代
 
とある中学生が「ネットで出会った人に会いに行く」と言っていたら、あなたはどう思うでしょうか?「なぜ?」「危ない!」「やめておけ!」という意見もあれば、「普通のことじゃない?」という反応もあるかもしれません。ベネッセ教育総合研究所の2014年調査(ベネッセ教育総合研究所 中高生のICT利用実態調査2014)によると、インターネットで知り合った人がいる人(ネット利用者の約4分の1)のうち、直接会った経験のある人の割合は、中学生23.6%、高校生34.7%であり、決して珍しいことではなくなってきています。

現在の中高生は、幼い時からデジタル機器やインターネットが当たり前にある環境で育ってきており、総務省の2014年調査でもソーシャルメディアの使用も、10代・20代の使っているメディアは他の世代と大きく異なることが分かっています。(総務省:平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査
 
 
さらには、私たち30代世代が若い頃に、カップルで撮ったプリクラを友達に配っていたのとおそらく同じような感覚で、動画共有SNSで「カップル動画」を投稿することが流行っているようです。その動画の中では顔を隠さず、中には制服姿でキスをする動画を投稿する人もいます。ネットでの出会いをきっかけとする男女交際も広がりつつあり(リクルートブライダル総研「恋愛観調査2014」)、出会いや恋愛の場にネットによるコミュニケーションが若者世代に大きく関わってきているのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。