私は、内山田のぞみと申します。父の借金が原因で4歳の時に両親が離婚し、母子家庭で育ちました。現在は慶應大学の4年生ですが、4月からは一般企業に就職します。自分自身の経験から所得格差による教育格差に問題意識があり、2013年12月からNPO法人キッズドアで塾に通えない中3生の受験指導を中心に学習支援に携わり、1年間のインターンを経て、現在ではスタッフとして働いています。また、2015年6月からは一般財団法人子どもの貧困対策センターあすのばの理事を務めています。

(NPO法人キッズドアの活動で、中学生に対する学習支援を行っている内山田のぞみさん)

現在、私は足立区で経済的困難を抱えていたり、家庭や学校で困りごとを抱えている中学生を対象とした「居場所を兼ねた学習支援事業」のスタッフとして働いています。去年8月から始まった「居場所」は、火曜日を除く週6日、登録した子であればいつでも来ていいところです。

ひとつの部屋がアコーディオンカーテンで仕切られていて、学習ゾーンと居場所ゾーンに区切られています。子どもたちは自習をしたり、トランプで遊んだり、漫画を読んだり、自由に時間を過ごします。最近では、土日にカレーライスやおでんなど、食事の提供も行っています。子どもたちには、「週1回決められた曜日の18時から20時は必ず勉強する」という決まりが設けられており、その曜日には大学生や社会人の学習ボランティアがマンツーマンで勉強を教えています。

「居場所」が開設して5ヶ月が経ち、毎日子どもが10人以上集まってきます。学習・居場所の両方の支援を行う中で、子ども達が必要としていることが見えてきました。学習支援、居場所支援のそれぞれで求められていること、両方の支援に共通して求められていることをお伝えしたいと思います。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。