イタリアの地方都市での実践、レッジョ・エミリア・アプローチ(以下レッジョ・アプローチ)が世界的に注目される所以は何によるものでしょうか。シリーズ最後の今回では「対話」をキーワードにレッジョ・アプローチの手法から学ぶべき点を探求してみましょう。

子どもと保育者の対等な対話:グループ活動「プロジェッタツィオーネ」

レッジョ・アプローチの特徴として挙げられるもののひとつとして「プロジェッタツィオーネ」と呼ばれる、4、5人程度のグループで展開される活動があります。これは決まったカリキュラムに沿って大人が子どもに教えるのではなく、子どもと大人が協同でプログラムを創造し、子どもの興味関心と探求を深化させていくものです。

レッジョの市立園の中でも著名なディアーナ幼児学校では「子どもをカリキュラムに押し込むのではなく、子どもを基準にしてカリキュラムを作ることを目指しています」※1と明言しています。保育者たちの役割は大まかな目標を示した上で、子どもたちの主体性を重視した活動を支え、「共に学び探求する者」であることです。それは、ローリス・マラグッツィが言う「教師は同時に研究者になるべきである」という言葉に象徴されます。

プロジェクタツィオーネは3歳からの3年間、複数の担任が持ち上がりでクラスを担当し、安定し成熟した信頼関係を構築することから始まります。あるテーマをもとに子ども/保育者間での対等な対話をもとにカリキュラムを共に創造し、子どもの関心と探求に添う形で数週間から数か月に渡る長期的なプログラムとして実施されます。しかし、近年では日本においても子どもたちの「協同的な学び」の必要性が問われ、プロジェクト学習を取り入れ実践している園もありますので、上記のことだけではレッジョ・アプローチ固有とは言えないでしょう。
 

(ある園まで向かう道。園の隣にある広大な公園も園児たちの憩いとあそびの場となる。)

アートを通じたモノとの対話

プロジェッタツィオーネの特徴のひとつとして、アートを通じた実践がなされている、ということが挙げられます。アートを通じて、といっても「今日は○○をつくります」というプログラムが決められているわけではありません。空気、光、自然、環境、身体、生命、他者、都市、世界など日常生活にあるファクターを素材とし、五感に語り掛けながら展開されます。アート、と言うと日本では絵画や造形のような限られたものを連想されがちですが、そもそもアートは日常から乖離されたものではなく日常と共にあるものであり、こういった意識はヨーロッパと日本では異なるところです。

これらの活動はアトリエリスタと呼ばれるアートの専門知識と保育現場をつなぐファシリテーターによって補完されます。アーティストが直接現場に携わることもありますが、その際もただ作家の作品を取り上げるのではなく、作品に潜む背景などを保育者がまず探求し、子どもと共有した上で活動が実施されます。

「アートとの出会いは、以前はわからなかった現実の側面を明らかにし、周囲の世界の対する敏感さと注意深さを促すことができると、私たちは信じています。」※1

というアトリエリスタの言葉からもわかるように、アートを通じた対話と表現は、子どもと大人両者に新たな世界の見方を提示します。習熟した学びは子どもたちの表現を見ると一目瞭然で、それらの表現は世界を巡回した作品展覧会で多くの人々に驚きと感動をもたらしました。作品は完成された芸術作品を目指して創られるわけではなく、学びの過程のプロセスが結晶化されたものであり、豊かな表現は豊かな学びの時間を想起させます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。