本ウェブマガジンでも前編後編とインタビュー記事を連載している不登校・ひきこもり専門カウンセラー金馬宗昭氏の講演会が大阪で開催されます!我が子が不登校になって「困っているお母さん」に大好評の講演会!

「子どもが不登校になりました。一体、どうすればいいの?」

「引きこもってしまった我が子。いつになれば動き出すの?」

我が子が不登校や引きこもりになったとき、しんどさを感じる家族は少なくありません。この子の将来はどうなってしまうのか、どうしたら生き生きと幸せな人生を送れるのか、思い悩む家族はたくさんいます。

今回の講演会は、通信制高校の教頭先生として不登校だった子どもたちの成長を手助けし、また自らも引きこもりをしていた「不登校・ひきこもり心の相談室 『すずかげ教育相談所』」の金馬宗昭先生が講演者を務めます。毎日何時間もインターネット・ゲーム・スマホに浸り、それを数か月している状況は、待ってるだけでは何も起きません。子どもたちに起こっていること、対応策を語ります。当事者の気持ちと保護者の気持ちの両方を理解しつつ、家族みんなが元気になれる方法について語ります。

不登校生の家族支援講演会「不登校・ひきこもりの我が子との接し方~ネット依存、発達障がい、人間関係の不安などへの金馬式対応法」

◆日時:2016年3月12日(土)13:00~・受付12:30~

◆会場:大阪医療秘書福祉専門学校 3F
阪急京都線南方駅より徒歩3分、地下鉄御堂筋線西中島南方駅より徒歩3分、JR 新大阪駅より徒歩10分

◆定員:60名(先着順)

◆参加費:無料

◆参加申込方法:イベント申し込みフォームより事前登録をお願い申し上げます。

※イベント詳細
http://www.stepup-school.net/event/160312-osaka/index

◆主催:学びリンク

◆プロフィール
金馬 宗昭 (きんば むねあき)
不登校・ひきこもり・こころの相談室「すずかげ教育相談所」所長
金馬宗昭 氏 「不登校 ひきこもり こころの相談室 すずかげ教育相談所」所長。教育コーディネーター。
中学生から成人以上まで幅広く相談を受け、生活的・経済的自立へと導いてきた経験を持つ。1969年大阪府生まれ。奈良大学を卒業後、京都の公立・私立高校にて教員採用試験の準備と並行し講師生活を経験。しかし全力を尽くした教員採用試験の不合格、共に学んだ友人たちの合格を目の当たりにしたことを機に数年のひきこもり生活に陥る。
1998年から通信制高校サポート校勤務、2008年から通信制高校教頭職を精勤。2014年に「不登校・ひきこもりの若年層のためにより心血を注ぎたい」との思いで教頭職を辞し、「不登校 ひきこもり こころの相談室 すずかげ教育相談所」を設立。

全ての関係を断った不登校やひきこもりの子どもや若者の力になりたい-不登校・ひきこもり専門カウンセラー金馬宗昭氏インタビュー (前編)

当事者と家族をサポートする第三者が必要-不登校・ひきこもり専門カウンセラー金馬宗昭氏インタビュー(後編)





「読者登録」をすると、本ウェブマガジン「ひみつ基地」の最新号の通知が来るようになったり、読者だけが閲覧できる特別コンテンツやバックナンバーをご覧いただけます!

金馬さんが2年間かけて書き上げた、「立ち止まっている若者を幸せに導く道案内」の集大成の著書!


不登校 ひきこもり こころの道案内: 今日からできる具体的対応法

出版:学びリンク/価格:1,600円+税

不登校やひきこもりになり、行動する力を失ってしまった人には、その時々に応じた対応が必要です。段階に応じ、信じて待つ時もあれば、待っていても仕方が無いときもあるのです。作中では「青信号」「黄信号」「赤信号」に段階を分け、わかりやすくシンプルに解説してゆきます。

著者の金馬宗昭さんは、20代の頃、非常勤の教員をしながら教員試験にチャレンジする若者でした。しかし全力を尽くした教員採用試験に不合格、共に学んだ友人たちの合格を目の当たりにしたことを機に数年のひきこもり生活を経験することになります。その後、社会復帰し、通信制高校の教頭先生になって不登校の子どもたちのサポートに打ち込みます。やがて「不登校・ひきこもりの若年層のためにより心血を注ぎたい」との思いで独立し、書き上げたのがこの一冊です。