桜咲く4月、また新しいクラス・集団との出会いの時です。これまで「居心地のよい集団づくり」について、アドベンチャー教育プログラムのファシリテーターの視点から記事を書いてきました。(これまでの記事一覧)今回はSituational Leadership理論(以下、SL理論)、つまり「状況に応じたリーダーシップ理論」をベースに、教師のリーダーシップを考えてみます。

初めて出会ったクラス・集団に対して、どのようなリーダーシップをとりますか?自分の得意なリーダーシップスタイルはどのようなものですか?教師のリーダーシップは状況に応じてどう変わるのが効果的なのでしょうか?

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。