私は、今年の3月まで、子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」で、事業運営に子どもの声を届ける役割を担う、学生理事を務めておりました高橋遼平と申します。(※本記事は、高橋遼平さんが大学在籍中に執筆したものです。)子どもの貧困対策に取り組むきっかけは、中学1年生の時に、父が、会社の負債を、自分の生命保険金で支払おうと自殺したものの、自殺の免責期間中で保険金がおりず、母が自己破産して、困窮状態を経験したことでした。

さて、前回の記事に引き続き、経済的に困難を抱える家庭で育ち、進学の意欲を持つ子ども達の行く手に立ちはだかる「進学の壁」について述べたいと思います。今回は、前編・後編の2回に分けて高校から大学への「進学の壁」についてお伝えします。

3.距離の壁

大学などへの受験費用としては、受験料だけでなく、試験を受けるために受験校へ移動するときの交通費や宿泊費などがかかります。

「東京私大教連」が、主に首都圏の大学に入学した新入生の保護者を対象に行ったアンケート調査によると(東京私大教連「2014年度・私立大学新入生の家計負担調査」)、受験費用(受験料・交通費・宿泊費)の平均は、自宅外通学の新入生で25万2千円、自宅通学の新入生で22万9千円でした。

もちろん、各々の家庭の工夫で、上記調査結果の金額よりも受験費用を抑えることは可能だと思います。しかしながら、入学手続時の納入金に加え、さらに必要な資金が増えてしまうことに、変わりはありません。

合格の難易度を示す偏差値が高い順番に、大学名が並べられているところを見ると、どの大学に進むかは、一人ひとりの学力だけに委ねられているように思えます。しかし、実際には、大学の所在地は全国に散らばっており、遠方の大学を受験する余裕のない子どもには、ほとんどの大学は受験することさえも困難なところです。

次に、「距離の壁」を考えるうえで、私が最も重要だと考えている住居費についてです。

私の地元は、北海道・帯広市ですが、実家から通える高等教育機関は、ほとんどありませんでした。東京への進学を実現できたのは、奨学金を借りていた「あしなが育英会」が運営する学生寮で、朝夕食がついて月1万円の寮費で生活できたからです。

日本学生支援機構が行った調査結果によると、「下宿・アパート・その他」で暮らす昼間部大学生の住居・光熱費の平均は、月に約3万9千円でした(日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査結果」)。

学費に加え、自宅外通学生に重くのしかかる住居費などの負担の影響は、都道府県別の進学率の格差にも現れています。文科省の学校基本調査によると、大学進学率は、最も高い東京都は63.9%、最も低い鹿児島県は30.1%でした(文部科学省「学校基本調査」平成27年度(確定値)結果の概要)。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。