「2020年に大学入試が変わる」という話は、大きく報じられ、教育関係者のみならず多くの方が注目している話題です。では、具体的に大学入試はどのように変わっていくのでしょうか?第一回目の記事(センター試験はなくなるが、改革は中途半端に終わる可能性も)に引き続き、NPO法人教育支援協会の代表理事・NPO法人全国検定振興機構の理事長を務められ、長きに渡って日本の教育改革の最前線で取り組まれてきた吉田博彦さんにお伺いしました。
 
吉田博彦さんは、1999年より全国組織のNPO法人教育支援協会・理事長として民間からの教育改革を提唱し、文部科学省や教育委員会との協力によって、全国で様々な教育事業をおこし、地域教育力の育成を行ってきました。中央教育審議会専門部会委員、文部科学省コミュニティースクールマイスター、文部科学省放課後子どもプラン推進アドバイザーなども務められてきました。2015年からは、大学入試改革に向けて、民間の検定試験の「質」と「信頼性」を判定するNPO法人全国検定振興機構・理事長に就任されています。
 
 
すり替わってしまった大学入試改革の議論
 
前回は2020年度に予定されている大学入試の改革の現状について整理しました。今回の大学入試改革問題は「我々の社会が2030年代以後に迎える大変革期に向けて、人材の育成をどのようにすべきか」という問題意識から始まったので、その議論の中核は「1回だけのテストで安易に入学者選考を行うのではなく、各大学の教育目標に合致した学生をどのように選考するのか」という議論であったはずです。しかし、残念なことに、現在の大学入試改革の議論は「今のテストでは不満だから、新しいテストを作る」という議論になってしまっています。

前回も書きましたが、1980年代の我が国の大学入試改革議論も、当時あった共通一次テストが現在の大学入試センター試験に替わっただけで終わってしまったように、今回の改革議論も「大学入試センター試験の廃止」というスタート地点から、今では「新しいテストに記述式問題を導入する」というように、「結局、テストをやるのか」ところに来てしまい、当初の趣旨から大きくずれてしまっています。この原因は「大学入学者の選考にはペーパーテストが必要だ」という固定観念が我々の社会に根強く残っているからだと思います。そのため、今回は「テスト」というものについて考えてみます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。