「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事ができないかな?」という方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。「DRIVEキャリア」は、志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト。今月も、さまざまな方法で子どもたちの未来をつくるお仕事を紹介します!

「教育の未来を創る」街づくりの新しい仕組みを創るプログラムオフィサー募集中!

そんなあなたに推奨する求人は、一般社団法人 Bridge for Fukushimaです。

一般社団法人 Bridge for Fukushima


2011年3月11日に発生した東日本大震災の後、福島県(おもに県北・相双地区)が抱える課題を解決するため立ち上がった団体、一般社団法人 Bridge for Fukushima。福島県(県北・相双地区)の抱える課題を解決するため、首都圏とのBridge(かけはし)になることをミッションとし、日々活動を実施しています。

そして今回は、社会課題に関心を持つ高校生とともにイノベーティブな事業を創る、今注目のPBL(Project Based learning=プロジェクト型学習)の事業を推進し、街づくりの新しい仕組みを創るプログラムオフィサーを募集しています!教育を通して社会を変えたい、地域が持つ可能性に注目し事業を立ち上げたい方にとって、この上ないチャレンジングな機会です。ぜひあなたも挑戦してみませんか?

虐待・貧困などで学習支援を必要とする子どもたちを支える事務局補佐募集!


そんなあなたに推奨する求人は、特定非営利活動法人3keysです。

特定非営利活動法人3keys

子どもたちは自分が生まれ育つ環境を選べません。親や家庭の状況によらず、すべての子どもたちが社会から孤立することなく、安心・安全に暮らしていけることを目指している、特定非営利活動法人3keys。特に、虐待や貧困、それらによる地域からの孤立などで、頼れる親や大人が周りにいない子どもたちを対象に支援を行っています。

今回の募集では、虐待や貧困などでこれまで十分な学習環境にいなかった子どもたち、主に児童養護施設などに保護され生活している子どもたちを対象に行なっている、学習支援事業prêle(プレール)で、学習ボランティアや支援する子どもたちの情報の蓄積や管理など、学習支援の基盤を支える事務局職員を募集中!社会資源から孤立している子どもたちと社会を繋ぐ、大切な役目を担っていると信じています。ぜひ、子どもたちへの支援に協力いただけたら嬉しいです!

発達障害者と企業・社会との”懸け橋”になる5つの職種を募集中!

そんなあなたに推奨する求人は、株式会社Kaienです。

株式会社Kaien
 
ミッションは、「Enabling Excellence」。強みを活かす、という意味です。福祉業界には、障がい者は「支援するものである」という考え方もありますが、株式会社Kaienのアプローチは異なります。障がいがあろうが雇う以上、企業としてはその人を「戦力化」したいのだと捉えているのがKaienです。事業としては、発達障害の方に特化した人材サービス事業や就労支援事業などを行なっており、発達障害の方の特性をいかに上手に引き出し強みとするか、そして企業・社会にその価値を伝えられるかに挑み続けています。

そして今回は、発達障害の人たちと企業・社会をつなぐ”懸け橋”となる5つの職種を募集しています!1.就労移行支援事業 サービス管理責任者、2.就労支援員(ブリッジコンサルタント) 3.TEENS児童発達支援管理責任者、4.児童指導員(エイブルシーカー)、5.相談支援専門員。それぞれの詳細は募集ページにて。あなたの挑戦をお待ちしています!

不登校、引きこもりなどを経験した若者の学び直しを支援する学習塾の教室長候補募集!

そんなあなたに推奨する求人は、株式会社キズキです。

株式会社キズキ

株式会社キズキは、「何度でもやり直せる社会をつくる」という理念を掲げて活動しています。現在の日本社会は、一度レールを外れてしまうとやり直すことが困難な社会であると言われている中で、挫折経験のある若者が、人生をあきらめざるを得ない状況に立たされてしまう状況は、若者にとってだけではなく、社会全体にとっても大きな損失を生んでいると考えています。そのような中で株式会社キズキは、社会の中でつまづきそうになっている若者に寄り添い、サポートできる存在でありたいと思っています。

今回の募集は、マネジメント経験があり、今後更なる経験を積みたい方必見!不登校・中退・ひきこもりなど困難な状況を経験した若者の学び直しを支援する「キズキ共育塾」をはじめとするキズキの教室を統括するお仕事となります。「教室長候補」としてご入社いただき、経営的な観点から教室をマネジメントしていただきます。それは、事業を拡大することが社会課題解決につながると考えているからです。その他詳細は募集ページにて。あなたの参加を待っている若者、そして社会があります!

アフタースクール、現場スタッフ及び本部スタッフ募集しています!

そんなあなたに推奨する求人は、放課後NPOアフタースクールです。

放課後NPOアフタースクール
 
ビジョンは、「アフタースクール、全国で。」。ミッションは、「子どもたちの放課後を救え!」。放課後NPOアフタースクールは、日本の放課後を安全で豊かにするために集まったチームです。日本の子どもの幸福度は決して高くないと言われています。特に「自己肯定感」「チャレンジ意欲」「コミュニケーション能力」において課題があります。そして経済格差がそれをますます助長します。放課後NPOアフタースクールは自分たちで「アフタースクール」というモデルを実現しながら、全国の仲間たちにそのモデルを広げ、日本中の放課後を変えていきたいと強く望んでいます。

今回は、アフタースクール現場スタッフ、及び本部スタッフ(企業・行政プロジェクトチームスタッフ)を募集しています!プログラム企画・立案、スタッフの取りまとめ、保護者対応などを実施するポジションもあれば、企業との教育プロジェクトの実行や、行政との子育て支援事業などを実施するポジションもあります。詳細は募集ページにて。新しい教育づくりに挑戦したいあなたの応募をお待ちしています!

※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。

● 本記事を書いた記者の記事一覧