日本の若者の自殺問題に対して協働で取り組む「若者自殺対策全国ネットワーク」は、2016年9月11日(日)に東京都港区にある日本財団にて第一回目のフォーラムを実施します。フォーラムでは、発起人の6名が登壇し、日本の若者の自殺の実態と課題についてリレートークやパネルディスカッションを行います。フォーラムへの参加は無料で、事前の申込みが必要となります。先着100名での募集となり、参加をご希望の方はお早めにお申込みください。詳細は下記の通りです。

<若者自殺対策全国ネットワークとは?>

若者の自殺の現状を知っていますか?「自殺対策白書」(厚生労働省)によれば、日本の15歳から39 歳までの死因の1位が自殺、20代の死因の約半数が自殺になっており、日本における若者の自殺の現状は、先進諸国と比較しても深刻な状況にあり、喫緊の政策課題となっています。

私たち「若者自殺対策全国ネットワーク」は若者の自殺に強い問題意識をもち、協働してこの問題に取り組もうという人たちが全国から集まってつくられたネットワークです。「若者の生きやすい社会」作りを目指して、全国の様々な若者支援団体との連携・協働を進めていきます。「若者自殺対策全国ネットワーク」で主催する初めてのフォーラムでは発起人から、活動を通じて見えてきた若者の自殺の実態と課題についてお話し、参加者の皆様とディスカッションをしながら『若者の自殺に対して私達はなにができるのか』を考えていきたいと思います。

日時:2016年9月11日(日)13時~17時(12時30分開場)

参加費:無料(どなたでもご参加いただけます)

定員:先着100名

場所:日本財団(大会議室)
〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル 2F

プログラム:

第一部:リレートーク「活動から見えてきた若者の自殺の実態と課題について」
◆登壇者(五十音順)
石井綾華(NPO法人Light Ring.)
伊藤次郎(NPO法人OVA)
岩崎翔 (学生団体 YouthLINK)
草野剛 (NPO目的のある旅・秋田)
村尾政樹(公益財団法人あすのば) 
山岡奏心(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク)

第二部:パネルディスカッション/会場とのディスカッション 
◆登壇者
若者自殺対策全国ネットワーク発起人(第一部 登壇者6名)
コーディネーター:清水康之氏(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク)

おわりに

お申込み:

第一回若者自殺対策全国ネットワークフォーラムのホームページより

主催・お問い合わせ:
「若者自殺対策全国ネットワーク」
j.youth.network@gmail.com
 





「読者登録」をすると、本ウェブマガジン「ひみつ基地」の最新号の通知が来るようになったり、読者だけが閲覧できる特別コンテンツやバックナンバーをご覧いただけます!