日本国内の「子どもの貧困」に関する政策提言や子どもたちへの直接支援を行っている公益財団法人「あすのば」では、2016年8月16日(火)~19日(金) の3泊4日の期間で、群馬県前橋市にある国立赤城青少年交流の家で「あすのば合宿ミーティング2016」を行いました。この合宿に運営スタッフとして携わった花澤昴乃さんより合宿の様子をレポートして頂きました。
 
全国から集まった「子どもの貧困」に関わる若者たち
 
みなさん、はじめまして。私は、公益財団法人「あすのば」で子どもサポーターとして活動している花澤昴乃(はなざわたかの)と申します。2015年9月よりあすのばに関わっており、2016年7月からは、子ども食堂などを運営している「My Own Place 成長に愛を」(mop)という学生団体で子どもの居場所づくりを行っています。
 
私が「子どもの貧困」という問題を初めて認識し、「あすのば」や子どもたちと関わるきっかけとなったのが、昨年初めて参加した「あすのば」主催の合宿ミーティングでした。(昨年の合宿の報告記事:当事者と支援者の想いを紡いでわかった3つのこと)今年は、スタッフとして運営に携わったその合宿について、お伝えしたいと思います。

「あすのば」の合宿ミーティングは、今後の対策や「あすのば」の活動などについて考えるきっかけ作りを目的として、昨年初めて行われました。今年度も全国各地からひとり親家庭や社会的養護の経験がある、または学習支援や子ども食堂など子どもに寄り添う活動をした経験がある、「子どもの貧困」問題に興味がある高校生・大学生世代の若者約60人が集まり、合宿を行いました。
 

 
経験や想いを共有し合い、次の一歩を踏み出す
 
合宿の全体テーマである「シェアのば~その経験を、わかちあう~」、そして各プログラムには、当事者・支援者が混ざって語る場を持ち、それぞれの経験や想いを共有し合いことで、次の一歩を踏み出すきっかけとなってほしいという願いが込められ、学生が主体となって考えました。
 
この合宿のメインプログラムは、「シェアのば」です。上記で述べたように、経験や想いを共有する場として設定しています。昨年、主に共有されたのは、「過去と悩み」でした。普段、自分が歩んできた人生について人に話すことはありませんし、貧困などの問題を抱えるほどそれは難しくなってしまいます。しかし、過去の体験が現在の悩みに繋がっていることの多い中で、それに気づかずに自分で抱え込んでしまう傾向があるのも子どもたちの特徴です。それらを話せる場を作ったことによって、自らを知り、次の一歩を踏み出せた参加者が多くいました。今年も大枠を同じように設定し、「普段は、話さないことを話すことができた」という声をいただきました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。