2012年に東京都大田区の気まぐれ八百屋・だんだんで産声をあげた「こども食堂」は、この1年間で全国各地に広まり、メディアによればその数は約300カ所と言われています。報道から時間が経っていることを考えれば、「こども食堂」の数はもっと拡大しているかもしれません。正に「こども食堂ブーム」といっても過言ではありません。

(被災地・石巻市内にもこども食堂の様子。現在、確認できているもので4ヶ所に広がっている。)

急速に広まっていくこども食堂

急速な「こども食堂」の広がりに対して、警鐘を鳴らすような記事も取り上げられるようになっています。

・三宅正太氏:「子ども食堂」は、「おとな食堂」になっていないか?-大人の理想と都合で開店して閉店!子どもの声なき声に耳を傾けて!

・湯浅誠氏:名づけ親が言う 「こども食堂」は「こどもの食堂」ではない

・湯浅誠氏:「こども食堂」の混乱、誤解、戸惑いを整理し、今後の展望を開く

など、歴史も浅い実践であることもあり、全国各地での実践から、課題も少しずつ浮き彫りになってきました。これらの課題に対する議論やなぜこれだけ急速に広まっているのかは、前掲の記事に譲るとした上で、私自身が感じている「こども食堂」のあり方について、論じてみたいと思います。

「こども食堂」の定義を必要としているのは”おとな”である

実際に利用するこどもの立場からすれば、「こども食堂の定義はこうだ!」という議論は、実はさほど重要ではないと思います。

「こども食堂の定義は◯◯××だから、Aさんのやっているこども食堂は、こども食堂ではない」
 
「いや、Aさんがやっているこども食堂は、こども食堂だ!」
 
などという議論を段々と耳にするようになった気がします。

先の議論の中には、「こどもが参加していない」という批判含まれていますが、もちろん、そのようなこども食堂は論外です。それ以降の議論についてはこどもが置き去りにされている感が否めません。先に挙げたような「こども食堂」の定義論争というのは、「運営面での支援の受けやすさ」とセットになっていることが多いと感じています。こども食堂の広がりに追随するように、様々な助成金や補助金などの支援が得られやすくなったと思います。しかし、ブラックな考え方をすれば「『こども食堂』というのぼりを掲げれば、支援が得られやすい」とも言えます。これは、前掲の記事で湯浅誠氏が指摘している通り、活動を支援する側のリテラシーも求められているということです。
 
(ていざんこども食堂は、地元住民のお金や食材の寄付とボランティアで、運営が賄われている。) 

先ほどの「Aさんのやっているこども食堂は、こども食堂ではない!」のような論争が巻き起こっていることの原因の1つは、「こども食堂」というネーミングがもつ訴求力によって、運営面での支援を得られた大人と、一方でその訴求力によって「歪み」を受けたと感じている大人との摩擦です。

このような「こども食堂」の定義論争には、こども自身は登場しません。大人が運営するにあたって、不都合が生じるから論争になっているだけであって、そこに主人公であるこどもは登場しないのです。

利用するこどもの立場からすれば、大切なことは「こども食堂とは何か?」ではなく、「こどもにとって、どんな場(機能)になっているのか?」ということです。つまり、定義よりも中身を議論して欲しいはずです。

私は、「こども食堂」の定義論争を否定したいわけではなく、あくまでこどもの立場からみたときに、「もっと論じないといけないことがあるのでは?」と問題提起をしたいだけです。 仮に「こども食堂」の定義が定まったとして、Aさんが運営する場がこの定義から外れてしまったとしても、大切なことは「この場をこども自身が必要としているのか?」ということだと強く思います。

前掲の記事(「子ども食堂」は、「おとな食堂」になっていないか?)で三宅正太氏が指摘しているとおり、おとなの都合でこどもの場を奪ってはいけないのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。