過去最高のメダル獲得数で、8月末に華やかに幕を閉じたリオオリンピック。オリンピック選手の華々しい活躍に、テレビの前で興奮した方も多いのではないかと思います。プロ選手にとって、「順位」や「メダル」はなくてはならないものだと思いますが、一方、一般の私たちが行う運動の中で、「順位」や「メダル」という概念はどこまで必要なのでしょうか?運動というのはそれ自体がそもそも楽しいもので、運動習慣は生涯を通して健康を維持するために不可欠なことです。現在の日本の教育の中で行われている「運動」は、子どもが「運動が好き」「運動って楽しい」と感じ、生涯を通して運動する習慣を身に着けられるものになっているのでしょうか?

幼児期に運動が苦手と感じると、その後も苦手意識を持ち続ける

文部科学省の調査(平成25年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果)では、小学校5年生に対して、小学校入学前、1~2年生時、5~6年生それぞれの時期において、運動に対する意識がどのように変化していくのかを調査しています。その結果、女子生徒においては入学前に「苦手」と感じていたのは26.9%ですが、小学校5年生になった時に「ずっと苦手」と感じているのは14.9%と、初めに「苦手」と感じてしまうと、その約6割は、学年が上がっても「苦手」と感じてしまうことがわかります。「苦手だったが得意」に移った割合も14%いますが、「得意だったが今は苦手」が19.4%と、前者よりも割合が高くなっています。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。