前編(幼児期の苦手意識から運動嫌いに!一斉指導よりも自由遊び!)の記事では、幼児や小学生の運動能力や運動意識に関する様々なデータを用いながら、一斉指導ではなく、自由に遊んだり、体を動かしたりする時間や空間を保証した方が、結果として運動能力も上がっていく、ということも示していきました。後編の記事では、学校教育で行われる運動における、「競争」や「順位」という概念や、運動そのもののあり方を考えていきます。

幼児教育の現場で感じていたこと

私が幼稚園教諭として勤務した園は全部で三つありますが、たまたまどの園も自由保育と一斉保育が半々、といった形でした。基本的には子どもの自由な遊びを大切にしていましたが、時々、体操やサッカーの先生が講師として教えに来る時間がありました。その時間を見ていて思ったことは、得意な子はとても楽しいのですが、苦手な子にとってはとても苦痛な時間であっただろうな、ということです。

鉄棒や用具などを使う体操は順番が決まっていて、後ろから次々に友達が来るというプレッシャーも感じながら、できなければ講師の先生がそばに来てできるまで行い、終わればまた次の順番を待つ…という繰り返しでした。私の記憶では、体を動かすことが苦手だった子が、その体操の時間を終えた後に、自主的に体を動かして遊んでいた姿を見たことがありません。「室内でばかり遊んでいる子が、楽しいと思える遊びは何だろう?」と考えながら、鬼ごっこやボール遊びに誘っていた記憶があります。

フィンランドの校長先生が、日本の体育を見て驚愕したこと

今年の2月6日に放送された「世界が驚いた日本!スゴ~イデスネ!!視察団 2時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、フィンランドの校長先生が日本の体育を見学し、異議を唱えたことが話題になりました。校長先生は、日本の小学校のマラソン大会で順位をつけ、1位~数名まで賞状を用意していることに対して、「がっかりした」「このような大会は子どもたちが運動を好きになって、将来、社会に出たときに健康を維持するために走ったりすることが本来の目的では?」と述べたそうです。日本ではお馴染みの光景ですが、フィンランドの校長先生からすると異常な様子に見えたようです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。