今回の記事では、「これからの社会を担う子どもの教育とお金のあり方とは?~すべての子どもたちが必要な教育を受けられるために~」と題して、2013年6月29日に東京都港区の日本財団ビルにて開催したフォーラムの内容の一部についてご紹介いたします。第一回目の「日本の子どもの教育費の現状①-教育費は親が負担すべきが当たり前」の続編の記事となります。

◆ 学校外教育費(塾・習い事等)の占めるウエイトが大きい



上記の表は、1年間で家庭が負担する学習費の内訳(1人あたり)について整理したものです。日本では、学校教育費や給食費などよりも圧倒的に学校外での教育費に多くの割合が割かれています。これは、日本の教育費の大きな特徴です。例え高校を無償化し、幼稚園から高校まですべてが公立の学校に通ったとしても、一定の金額負担がかかる原因がここにあります。

 
公立の小学生・中学生を抜き出し、円グラフにすると学校外教育費がいかに多くの割合をしめているものなのかよくわかります。では、学校外教育の内訳はどのようになっているのでしょうか?



こちらは、中学3年生の学校外教育サービスの利用状況をまとめたものです。複数回答可の調査になりますので、複数のサービスを併用している子どももおります。他の習い事に比べ、学習塾や進学塾に通っている子がとても多いことがわかります。塾や習い事をしている子が8割におりますが、残りの2割は学校外教育サービスを利用していません。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。