子どもの頃、児童館で遊んだことはありますか?小学校の放課後に近所の児童館へ遊びに行って、室内で漫画を読んだり、ボードゲームや卓球をしたり、外で友達と一輪車やボール遊びをした記憶が筆者にもあります。読み聞かせや体操、工作など乳幼児向けの活動も盛んに行われ、近年は、中高生を対象とした児童館も見られるようになっています。

一方で、近年、児童館が多く設置されていた東京でも廃止・再編の議論がたびたび見られるようになりました。豊島区では児童館を全て廃止し、杉並区でも廃止の議論が行われ、他区でも類似事業との統合・再編の議論が行われています。児童館の設置状況は、平成13年前後から現在まで微減微増を繰り返してほぼ横ばいの状況となっています。今後、児童館の数は、減少していく可能性が高いと筆者は推測しています。なぜ、今、児童館の廃止・再編が進んでいるのでしょうか?調査データを用いながら、児童館の廃止・再編が行われる理由を整理しました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。