アナタが子どもたちの前に立って話す時、子どもたちはどんな様子で話を聞いていますか?違う方向に顔が向いていたり、下で砂いじりをしていることはありませんか?子どもたちは、とても飽きやすく、理解できる言葉も限られます。子どもの前で話をするということは、どんな取引先の重役の前でプレゼンテーションをするよりも難しいことなのかもしれません。今回は、子どもの前で話す際に押さえておくべき3つの注意すべき点について述べたいと思います。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。