新年度になる4月が過ぎましたが、進学・新社会人・異動など、新しい環境で頑張っている方も多いのではないでしょうか?この時期、真面目に頑張っている人がかかりやすいのが、いわゆる「五月病」です。やる気が起きない、体がだるいなどの症状が現れます。「五月病」は正式な病名ではなく、病院に行くと「適応障害」「軽度のうつ」といった診断をされることもある病気です。

ちなみに「五月病」というのは、調べた限り日本にしかないもののようです。諸説ありそうですが、1つには日本は環境の変化が4月に集中しており、症状が5月に一斉に出るからというのがあるようです。また、研修後5月から配属先に行く新社会人は、6月に症状が出ることから「六月病」とも呼ばれています。そう考えると、新しい環境に身を置く、新しい取り組みをするという時には、5月に限らず「五月病」の危険性がありそうです。今回は、5月に限らずこの「五月病」の症状が出た時に、自分や周りの人がどのように対応したらよいかをご紹介していきます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。