「叱っても言うことを聞いてくれない」という子育ての悩み

例えば、お子さんが騒いでしまう、物を投げてしまうなど困った行動をした時、皆さんはどのように振る舞いますか?大抵の場合、「ダメでしょう!」「やめなさい!」と叱るでしょう。そして、その方法で、反省して困った行動をやめてくれるお子さんもいると思います。

しかし、平成13年~19年に厚生労働省が行った21世紀出生児縦断調査では、2~5歳の子育ての中で「子どもが言うことを聞かない」という悩みを抱えている親御さんは2~3割程度というデータが出ており、この中には、一般的な叱るという方法では、なかなか行動の改善に結びつかないケースが含まれています。お母さん、お父さんの「なんで分かってくれないの?」という想いは、そのまま子育ての悩みやストレスの要因となっていきます。しかし本来は、お子さん達も、お母さんお父さんも、一人一人違うもの。どうやって子育てをするか、その選択肢はもっとあっても良いはずです。

叱る以外の選択肢!「既読スルー」が効果的な理由とは?
 


では、叱ることがうまく機能しない場合、どんな選択肢があるのでしょうか。今、某コミュニケーションツールに関する「既読スルー」という言葉が流行っていますね。これは、送られてきたメッセージを認識しつつ、それに対してレスポンスをしないことを指しています。意外にも、子育てにおいて、この「既読スルー」を上手に使うことで、困った行動を減らせることが分かっています。

一見、お子さんの行動をスルーするなんて、ひどいこと、いけないことをしているように感じてしまうかもしれません。しかし、叱ることばかりで褒める機会がなく、親子関係がネガティブな循環に陥ってしまっている場合は、1つの有効な選択肢になるのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。