2014年5月12日にNPO法人教育支援協会が主催した「今こそ、子どもたちの豊かな土曜日・放課後を創り出す!『土曜楽校全国会議』」のイベントレポートです。今回のイベントでは、元文部省官僚・京都造形芸術大学教授の寺脇研氏、NPO法人教育支援協会の吉田博彦氏が登壇し、これまでの学校における土曜日の変遷やこれからのあり方についてお話しされました。今号と次号の2回にわたってレポートします。

 
「学習」と「教育」の違い

寺脇:今日、お見えになっている方々は、実際にNPOの活動として各地域で土曜日の学習だけでなく、放課後の子どもの学習活動や体験活動にかかわっておられる方々です。また、ネットでこの会議を見ておられる公民館活動とか全国の社会教育活動している人たちっていうのは、そういうことをやっているっていう自負心はお持ちだと思うし、実際素晴らしい活動をみなさん、やっていると思うんですよね。で、今日はもちろんのこと、さらに今みなさんがやっていること、我々がやっていることを、国立青少年機構も応援してくれています。 さて、今日は土曜学習ということについてこれからどのように進めていくかという議論をするのですが、そのためには「生涯学習」ということについてしっかり理解しておく必要があります。もう「生涯学習」って言い始めてから、1987年に始めたわけですから、もう26年も経ってるんですねぇ。この26年間における広がりっていうはすごいですよ。それは今日NPO活動なさっている若い人たち、あるいは学生のみなさんは「まだ生まれる前だよ」みたいな話でしょうけど。

私は当時からその仕事に携わってずっと日本の生涯学習状況っていうのを長く見てきていますが、非常に進んでいることは事実なんですよ。「いやぁもうこんなになってよかったねぇ」と。ただ、その実態は、進んでいる割に「生涯学習の理念」というものをわかってやっているのか、わからないでやっているのか、という話でね。学校教育に携わる人たちがあんまりよくわかっていない。これは最初の頃から懸念されていることで、ようやくこの頃学校現場でも「生涯学習」という言葉が使われれるようになりましたけど。26年の内の最初の15年くらいはそういう言葉は使われないし、仮に使っても生涯「教育」という言葉を使ってきた。

「生涯学習」という言葉のポイントというのは、「生涯」の方にあるんじゃなくて、「学習」の方にある。もちろん両方大事ですけど。「教育」じゃなくて「学習」だっていうところにある。それを、学校教育の連中がわかんないのはもちろんのこととして、社会教育をやっている人たちにも、まだ十分に徹底されていないんじゃないのか。だから、「土曜授業やるよ」って行ったら「まぁいいんじゃないの」みたいなことになってるんじゃないかと。つまり、「土曜授業」っていうのは「授業」だから「教育」ですよね。「土曜学習」っていうのは「学習」ですよね。「教育」と「学習」の違いは、そのことがわからないから迷走してるわけですが、「誰が主体なのか」という話ですね。教育の主体は教師であり、まぁ皆さん方も教育の主体でしょう。だけど、学習ということになると、主体はそこに集まってくる子どもたちであり、あるいはもちろん大人の場合でもそうだけど、学習をする人が主体になってくる。この大きな転換がなにより大切なことなんです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。