2014年12月4日、アルカディア市ヶ谷にて「学校再創生~教育制度の柔軟化の推進」(新しい学校の会・第9回シンポジウム)が開催されました。新しい学校の会は、構造改革特区の制度を利用し、学校経営を行う株式会社(=学校設置会社)が集う連盟です。本シンポジウムでは、通信制高校の生徒および保護者3,600人から集めたアンケート調査結果発表、通信制高校生徒・保護者の体験談発表、そして有識者によるパネルディスカッションが行われました。本記事では、本シンポジウムで公表された通信制高校の生徒および保護者3,600人から集めたアンケート調査結果について事務局よりレポートいただきました。(不登校経験者の社会的自立を支える通信制高校の仕組みとは?-通信制高校生徒・保護者アンケート調査結果報告②

不登校生は増加傾向。中学3年生時点で最も増加


今、全国の小中学校の不登校生の数はほぼ横ばい、特に2012年から2014年にかけては小中学校を合わせて6,928名の増加という結果が出ています。少子化で子どもの全体数は減っていることを考えれば、全体から見て不登校の子どもは増えていると言えます。現在、通信制高校は、不登校生が進学や転編入先に選ぶことが多い学校として知られています。今回「新しい学校の会(以下、新学会)」加盟校(通信制高校)の協力を得て集計したアンケート調査では、「不登校の経験がある」とした生徒は59.2%、保護者は68.3%という結果が報告されています。生徒自身が「自分は不登校だった」と認める割合が6割、保護者が「うちの子は不登校だった」としている割合は7割という高い数値が出ています。また、不登校となった時期は「中学3年生」が6割と最も高く、次点が「中学2年生」でした。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。