今や有名大学に入ったからといって就職活動がうまくいったりその後の人生が輝かしいものになる保証はない。どの大学かではなく、大学でどう過ごすかということが重視されつつある。

学生一人ひとりの大学生活を充実させるための取り組みとして、NPO法人NEWVERYは、チェルシーハウスという学生寮を運営している。ここには大学生活の中で本気でやりたいことがある学生が集まり、日々切磋琢磨し合う姿があるという。そんな関係者の間で密かな話題となっているチェルシーハウスについて、体験宿泊を通して取材させてもらえることとなった。

チェルシーハウスが位置するのはJR国分寺駅から徒歩約15分ほどの場所。決して便が良いとは言えない立地だが、近くにはコンビニもあり、自転車で通える大学の学生も多いので、立地はそれほど問題ではないようだ。しかし、山手線内の大学に通う学生もいるそう。話を聞いてみると1時間程度で通えて苦にはなっていないということ。本人にとっては通学時間を上回るメリットがあるようだ。そのメリットとはなんなのだろうか。第1回目の記事では、チェルシーハウス内の設備を中心に、その秘密を解き明かしていければと思う。

「おかえり」と「ただいま」が飛び交うリビングと玄関の関係

まず、佇まいだが、オシャレすぎて言葉が見つからない。佇まいからは学生寮ということは想像できないような。かといって、なんの建物かと言われれば何だろうと考えてしまうような…。

開放的なエントランスで、門から玄関まではゆとりのあるアプローチが伸びている。寮生の自転車も多く停められており、そこからも若者がたくさん集っていて活気のある寮なんだろうなという期待が膨らむ。庭も広く、休みの日に太陽の下でなにかをするには十分なスペースだ。

玄関を入ると、すぐ横にダイニング兼リビングがある。ここはNEWVERYがこだわった点のようで、元々は玄関とダイニングが壁で区切られていたが、あえて壁を取り払ったという。誰が出かけて誰が帰ってきたかわかるようにして、「行ってきます」「行ってらっしゃい」と「ただいま」「おかえり」が飛び交う空間にしたかったとのこと。足を踏み入れた瞬間から寮生同士でコミュニケーションが生まれやすいように配慮したつくりになっている。

私たちがダイニングで食事をしている間に何人もの寮生が出入りをしていたが、その度に「おかえり」と「ただいま」が飛び交う。それだけで、自分の家のような感覚になれる。

このダイニング周りにキッチン、スタディルーム(自習室)、フリースペースが配置されていて、通り抜けないと各部屋に行くことはできない。なんとなく誰が今寮にいるのか、寮のどこにいるのかというのがわかるようになっており、広いにもかかわらず安心感がある。

各部屋へ通じる通路にはホワイトボードの掲示板が設置されていて、寮内イベントやミーティング、他の寮生が関係してるイベント等の告知が見られるようになっている。お互いの興味関心を共有できるようになっているため、自分の世界がどんどん広がっていきそうだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。