大阪市内にある公立小学校の一年間に密着したドキュメンタリー映画『みんなの学校』が今、大きな話題となっています。普通の公立小学校でありながら、特別支援学級も設けず発達障害がある子どもも共に学び、不登校ゼロを実現しています。2月21日(土)より東京・ユーロスペース、3月7日(土)より大阪・第七藝術劇場など、全国で順次公開される『みんなの学校』。今回は、本映画を製作した真鍋俊永監督に、映画が出来た経緯や大空小学校の様子についてインタビューしました。前編後編の2つの記事でご紹介いたします。

子どもたちが楽しく通える。それが一番の大原則で、公立学校の役割

真鍋監督がもっと増やしたいと考える「こんな学校」とは、どのような学校だろうか。具体的に話してもらった。

「そうですね。子どもたちが楽しく通えるっていうのが一番の大原則だというのは校長の仰る通りで、僕もそう思う。その上で実現させるために、どんな個性を持たせるかっていうのは、いろいろな方法があっていいと思います。

やっぱり公立学校は、来られない子とか落ちこぼれてしまう子っていうのをつくらないことが一番の目的だと思うんですよね。別に学力を上げることを軽視しているわけではないですけど。それぞれの子どもに合う合わないがあって、この学校いやだなって思って通ってる子もいるかもしれないけど、『来られない』という子が出てしまうのは一番問題じゃないかなと思います。まぁ、引きずって無理やり登校させるのは、もっと意味がないですけどね(笑)。

勉強とか学力の話もそうなんですけど、今は大阪市だと『学力を上げましょう』と政策を立てていますが、大事なことはケツを叩いて得点を取らせるっていうのではなくて、どう学べばどう自分が伸びていくのかっていうのを理解することだと思うんですよね。どうやったら前向きに取り組もうとする子どもの心がつくられるのかというのが本来問われるべきだと思います。日本全体がケツ叩いても得点が上がればいいっていうところに陥ってるんじゃないかな、という疑問があって、大空小学校はそれにすごく答えてくれた学校です。」

毎日ドリルを死ぬほど解かせていれば点数は上がるだろう。しかし、子どもの時間は限られており、その限られた時間を使って何をするのが大事かを大空小学校では常に問い続けているという。

「そういいつつ、大空小は他の学校より学力テストの得点は高いんですけどね。やっぱりそこは前向きに取り組む力を育てているのが役に立ってるんじゃないかなと思います。ただ、それは証拠も何もないし、結果でしかない。結果は『今、高いです』っていうことだけ。もしかしたら来年得点が下がるかもしれないけど、大空小学校はそれが目的ではないから重要ではないんです。」

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。