大阪市内にある公立小学校の一年間に密着したドキュメンタリー映画『みんなの学校』が今、大きな話題となっています。普通の公立小学校でありながら、特別支援学級も設けず発達障害がある子どもも共に学び、不登校ゼロを実現しています。2月21日(土)より東京・ユーロスペース、3月7日(土)より大阪・第七藝術劇場など、全国で順次公開される『みんなの学校』。今回は、本映画を製作した真鍋俊永監督に、映画が出来た経緯や大空小学校の様子についてインタビューしました。前編後編の2つの記事でご紹介いたします。

学校現場を撮影できる貴重な機会。それは単純に面白そうだなと思いました。

「最初はそれほど深く知らずに取材を始めたんです。なかなか学校現場を撮れる機会はないので、どんな学校であってもおもしろそうだなという気持ちで引き受けました。当初想定していた内容は、一緒に学ぶのは一体どういうことを子どもにもたらすのか、良いのか悪いのか、という何かしらの答えを見つけることでした。統合教育を一般的に『迷惑だ』と感じるのは親ですよね。あとは先生とか。そういう人がいると、あまり広がらないのかなとは思うんですけど、とりあえず大空小はうまくいっている。それはなぜなのかということを一年間通して映し出せればいいと思って始めました。

取材を続けてみて、それがなぜできるのかは、学校内の取り組みだけじゃなく、実はもっと広く、地域にも広がっているからなんだというのが、一年間かけてわかってきました。私もここで一緒に学ばせてもらったと感じています。」

お蔵入りの映像は500時間。全部見たらすごく参考になると思う。

先生でない限りなかなか内情を知ることが難しい学校現場。今回の映画は、先生の目線で見ても「こういうふうにやってるんだ」と参考になる場面がたくさんある。

「実は、500時間の出してない映像があって、それを見たらすごく勉強になると思います。ただ、個人情報の塊なのでそのままは見せることはできませんから、それをどう伝えていくのかというのは今後の僕の中での課題なんです。 

例えば映画を見たのが先生達だと、感想として『授業の時間をもっと見たい』って言われるんですよ。でも、授業はそれほど変わらないです。大空小の校長先生は『うちの先生の授業は下手や!』とか言うし(笑)。そこじゃなくて、子どもに対するふるまいとか姿勢とか、そういったところに見るべきところがあるんじゃないのかなと思います。この映画は、私が自分なりに考えて、自分が見た小学校の姿として、『ここが大事だろう』と思うところを厳選して、とりあえず2時間分の映像にしたという感じです。」

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。