今や人生は大学名ではなく大学生活をどう送るかで左右されると言っても過言ではない。NPO法人NEWVERYは本気で大学生活を充実させたい学生が集まる学生寮「チェルシーハウス」を運営し、学生たちがより充実した学生生活を送れるように支援している。「チェルシーハウス」は学生たちの成長の場となるのか?前月号に続いて、ひみつ基地編集部が体験宿泊させてもらったときの様子をお伝えします。(前号の記事はこちら)

チェルシーハウスは昨年OPENしたばかりの学生生活を充実させたい学生たちが集まる学生寮。そう聞くと、大学1・2年生の若手が集まりワイワイバリバリやっているのかと思いきや、この一年は大学3年生や4年生からの入寮も少なくなかったという。

3か月くらい前に入寮したばかりという大学3年生の寮生はこう語った。「今までは部活を結構やってたんですけど、それももう引退。一通り学生生活を楽しみましたが、ほかにも学生のうちにできることはないかなと思って探していたらここのことを知って入寮を決めました。今は他のNPOでインターンもしています。」学内活動にも学外活動にも精力的な学生だ。実際に入寮してからは「まだ入ったばかりなのでわからないことも多いんですけど…」と前置きしながらも、寮生同士のコミュニケーションが活発なようで、他の寮生が色々なことに取り組んでいるのを見て刺激を受ける毎日だと言う。

同じく話を聞かせてくれたチェルシーハウスオープン当初から入寮している寮生も3年生と4年生。大学生活を1~2年過ごしたからこそ惹きつけられるチェルシーハウスの魅力があるのかもしれない。「ほかに楽しいことないかな」と入寮してきたり、「このまま何もしないまま学生生活が終わるのはもったいない」などの動機が3年生、4年生にはあるあらしい。動機は様々だが、とにかくより毎日を充実させたい学生が集っている。そしてお互いに刺激を与え合いながら興味や行動の幅を広げていく環境があるようだ。


「誰かいる」という安心感

刺激を与え合う以外にも、ある寮生は、リビングに来ると誰かしらがいて、他愛のない話をして、満足したら気兼ねなく部屋に戻っていける距離感が心地良いと言う。

「夜な夜な語り合う時間が楽しいんですよね。単純に淋しくないっていうのもあるけど、なんか考えごとしてすぐに人に話せるっていうのがいいです。電話するまでもないし、外で会って話すまでもないけど、なんか一人で悶々としちゃうようなことも、たまたま居合わせた人に話してみたりもできる。それで眠くなって『おやすみ~』みたいな時間が日常であるのがいいですね。」

確かに、学生だけではなく社会人でも一人でふと考えごとをして悶々とすることはある。それを他人に説明し、理解を得たり反論をもらったりすることは思考力を鍛える上では重要だ。時間の制限なくとことん話せるのは、学生で、しかも場所が確保されている者の特権だろう。人と話ことは最大のアウトプットになる。アウトプットの量と質を上げていくことは社会力を向上させる上でも最も重要なことのひとつ。それが日常でできることは共同生活の大きなメリットと言えるだろう。

また、チェルシーハウスでは、地方からインターンや国内留学で来る学生や、海外からの留学生も受け入れている。この日もアジアからの留学生が滞在しており、リビングで食事をしながら寮生たちと国際的なコミュニケーションをしていた。留学生も笑顔で楽しそうだ。地方の大学を休学してNEWVERYでインターンをしている学生もおり、チェルシーハウスから職場まで通い、普通の会社員のような生活をしているそうだ。

寮生にとって、日常の中でそういった多様性に触れることはいろんな生き方を発見するヒントにもなる。また、地方や海外から来る学生にとっては、友だちをつくる場にもなり、慣れない街で孤立することを避けられる。大学や企業・団体にとっても途中で辞めてしまうのを防ぐ手立てにもなるだろう。学生寮のこの活用の仕方は、三者にとって大きなメリットがありそうだ。

余談だが、各地のお土産が揃うというのも個人的な魅力のひとつ(笑)。この日も帰省土産や旅行土産などがテーブルに置いてあった。寮生がお土産で買ってきたり寮生の家族が送ってくれたりするものもあるそうだ。こういったふとしたところからでもお互いのバックグラウンドが伺え、興味や会話も広がる。個人的な経験として思うところだが、各地に友人や知り合いがいるというのは行動範囲も広がり、地方が身近に感じられる。新しい出会いの中でも出身地の話題で会話が生まれやすくなるメリットもある。ぜひともお土産をきっかけに日本各地・世界各地の話題で盛り上がってもらいたいものだ。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。