はじめまして、NPO法人cobonの松浦です。

つい先日、地下鉄に乗っていると、「その国には英語だけが足りない」というキャッチコピーがある英会話学校の車内ポスターを見かけました。商品宣伝としては、とても秀逸なコピーだなと思う一方で、日本の社会人は、みな英語を使って海外で戦えるグローバル人材になろうというような雰囲気を感じました。そして、その英会話学校だけでなく、海外で勝負できる人材になっていこうというその流れは、ビジネスや教育に与える影響としてもはや無視できないレベルにまで増えてきているように感じます。

今回から数回に渡り、このようなグローバル社会が教育に現在与えている・今後与えていく影響をこれまで10年ほど様々な実践が生まれてきた教育現場におけるキャリア教育と交えながら私が感じていることを書いていきます。

この記事がこれからの教育を一人ひとりが考えていく上での材料になればと思います。


◆ キャリア教育が歩んできた経緯

私は過去6年間で大阪府内を中心に70校、10,000人を超える小学生~高校生の子どもたちにキャリア教育プログラムを提供してきました。このキャリア教育は、現在すべての小学校~高校で実施することと指導要領に書かれています。

キャリア教育が導入される前のいわゆる「進路指導」では、次の段階、小学校であれば中学校、中学校であれば高校、高校であれば専門学校、大学もしくは就職など卒業後のステップをベースにした進路先の指導をメインに行ってきました。

しかしながら、昨今の日本経済では、サービス業などに就く割合が増え、これまでの進路指導だけではなく、学校在学時には名前さえ存在しないような自分自身の未来の仕事
(ソーシャル・ネットワークゲームは10年前にはありませんでした)をどのように考えていくのか、そこに大人がどのように関わるのかが常に問われてきました。

今、存在しない未来に生み出されるような職業に就くためには、どのようにしたら良いのか?

そこで、より勉学の中でも、これからの社会をたくましく生きる力を獲得することが大事だという流れになってきました。

このような流れの中で、キャリア教育は、より勉学と実学を連携させ、学ぶ意欲を育む手段とし現在ではすべての小学校でキャリア教育を実施することと指導要領にも書かれています。

※キャリア教育についての詳しい説明は、文部科学省の下記サイトを御覧ください
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/detail/1315458.htm

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。