大学入試が変わる―。そのようなニュースを目にした方も多いのではないでしょうか。20年以上実施されてきた大学センター試験が廃止されるということで、世間からも広く注目を集めています。今の中学1年生が高校3年生になる2020年度実施分から新しくなると言われています。すでに「高大接続改革実行プラン(※1)」が作られ、工程表まで示されるなどその情報公開や対応の早さは異例で、「明治以来の大改革」と下村文科大臣も意気込んでいます。そもそも、なぜ大学入試は変わらなければならないのでしょうか。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。