日本の学校教育をより良くしていくために教員養成のあり方は、議論の欠かせないテーマの一つです。学校で教える内容・方法が徐々に変わりつつある中、教師を育てていくための内容・方法も変化を求められています。教員の不祥事や批判などもたびたび報道される中、日本の2014年度公立学校教員採用選考試験の競争倍率は、1994年度以降で最低を記録し、教員になろうという人も少なくなっているようです。では、他国の教員養成はどのようになっているのでしょうか?カナダで留学支援と教育システムの研究・広報活動を行っている美和チュッカさん(Westcoast International Education Consulting)よりカナダの教員養成についてご紹介を頂きました。


(photo:Prepare for Canada

「Education is not just a vendor of information, it is a vendor of inspiration!」(教育はただ情報を伝えるだけではありません。学生の好奇心を湧せることです。)
こちらは、主人がとても尊敬している理科の恩師であるマックビカー先生のお言葉です。主人は先生との出会いから教師になることを決めました。マックビカー先生の授業は、夜中に光る微生物を見学しに行ったり、サーモンの稚魚の放流をしたり、 豊富な知識とたくさんの体験学習を盛り込んでいて、大自然と学生をつなげるような素晴らしい授業だったそうです。

私もカナダで留学生のサポート業務をさせて頂く中で100校以上の学校を訪問し、多くの素敵な先生にお会いしました。今回はカナダで先生になるまでのステップをお話します。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。