こだわりや興味の幅の狭さ、社会的なコミュニケーションの困難さなどが特徴である自閉症。先天的な脳の機能障害であることがわかっていますが、その数は恐ろしい勢いで増えていると言われています。米国の疾病管理予防センター(CDC)の2012年の調査では、88人に1人が自閉症スペクトラム障害であるという結果が出て、世界に驚きを与えました。その2年後、同じくCDCの2014年のデータでは、なんと68人に1人が自閉症スペクトラム障害であるという結果が示されています。(Centers for Disease Control and Prevention)このデータを見ると、「ものすごい勢いで増えているのはなんでだろう?」という疑問がもたれた方も多いと思います。

自閉症は本当に増えているのか?

「自閉症って本当に増えているのですか?なんで増えているのですか?」という質問は、私自身もよくされます。この答えを出すには、障害の絶対数が増えているのか、顕在化する数が増えているのかという点を考える必要がありますが、私の知る限り現段階で明確な答えやデータを持っている方はいません。

個人的には、遺伝的要因が含まれていると言われる以上、「障害の絶対数も増えているのでは?」と思っているのですが、それでも圧倒的に後者の理由で増えた割合の方が高いと思っています。やはり、診断基準が明確になり、広く浸透してきたことと、自閉症や発達障害自体の認知が高まってきたことで、顕在化しやすくなったのだと考えられます。

啓蒙が進んだことで、専門家以外の身近な人がアクションを起こせるようになってきたことは、早期支援が重要という意味で非常に良いことです。一方で、障害の認知が進んだことで、対応に困るとすぐに発達障害にカテゴライズして安心してしまう、諦めてしまうという困った事態も起こってきています。

自閉症増加の一因は社会のニーズにある

児童精神科・小児科医の石川憲彦さんのインタビューの中で、発達障害という概念の一部は、社会側が抱えている問題に起因するという考えに共感しました。(Mammo.tv:発達障害は本当に増えたと言えるのか?)それはつまり、社会が良しとする基準が、産業や技術の発展、経済の仕組みの変動によって変わってきたことで、そこに合わない人を発達障害に分類するような社会の都合や、ニーズがあるいうことです。

例えば、通常の教育カリキュラムに少しでも外れるお子さんがいると、すぐに発達障害を疑う、診断名をつけないと次に進めないという考えに現場が陥っているケースがありす。「すぐに検査をして特別支援学級をすすめたいけれど保護者が受け入れてくれない、どうすればいいか?」といった相談をうけ、実際にそのお子さんと接すると、少しのサポートで十分通常級でやっていける状態にある。そんなケースに出会うと、自閉症増加の一因は社会のニーズにあるという説には説得力があると感じます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。