先日、内閣府が6月に公表した「自殺対策白書」では、厚労省の「人口動態調査」を基に、子どもたちの自殺が9月1日に最も多いことを明らかにしました。夏休み明けと同時に死を選んでしまう傾向が強いという、痛ましい現実が注目を集めました。

子どもが「学校に行きたくない」と強く訴えかけてきたとき、大人はどのような対応をすれば良いのでしょうか?

「学校にどうしても通えないなら、それでいいのだよ。その先のことを考えよう」と寄り添い、苦しみを取り除いてきた先生が福岡にいます。福岡県福岡市で38年にわたる教員生活を送り、その間に立ち上げた『不登校支援の親の会』の活動をサポートし続けている元能古中学校校長の木村素也先生にお話を伺いました。

福岡市でいくつも生まれた不登校の親の会 会同士がつながり、大きな輪になった

「私は、2014年春に福岡市立能古中学校校長を退任するまで、38年間にわたって福岡市の公立中学校教員を務めてきました。その間、大切にしていたのが、そのとき一番困っている生徒や保護者に関わることでした」

退職から2年あまりが経過した現在も、相談員として、『不登校支援の親の会』サポーターとして、不登校の当事者や保護者の相談を受けている木村先生。不登校について意識するようになったきっかけは何だったのでしょうか?

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。