2014年6月に発表されたOECD・国際教員指導環境調査から、日本の教員の勤務時間は34の国と地域の中で最も長いことが明らかになり、(日本53.9時間、参加国平均38.3時間)各メディアでも教員の多忙ぶりが報道されるようになりました。

この調査を受けて行われた文部科学省の平成26年度「教職員の業務実態調査」では、全国の公立小中学校の教諭の1日平均在校時間は、小学校で11時間35分、中学校で12時間6分に上り、副校長・教頭の平均在校時間は小学校が12時間50分、中学校が12時間53分で、小中学校とも校長や教諭より1時間前後長くなっていました。一方で、先述のOECD調査では、「教職は社会的に、高く評価されていると思う」と答えた割合で、日本は参加国平均(30.9%)を下回る28.1%であり、世界一多忙だが社会的に評価されていないと考える教員の現状も明らかになりました。では、学校の先生は、実際にどのようなことに時間がかかり、負担を感じているのでしょうか?

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。