モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、フレネ教育、イエナプラン教育、オルタナティブ教育など教育アプローチの名称は様々ありますが、レッジョ・エミリア・アプローチ(以下、レッジョ・アプローチ)の名称はそのどれとも違う特徴があります。それは、レッジョ・アプローチが特定の人名や名詞ではなく、レッジョ・エミリアという地名に由来することです。

レッジョ・アプローチの最大の特徴は、「子ども、保育者、専門家(教育、アート)、親、地域の人々がアートを通して主体的に探求して学び合い、育ち合うこと」にあると前回の記事で述べましたが、レッジョ・アプローチの根本には「子どもをひとりの市民としての権利と無限の可能性を持つ存在として尊重する」という姿勢があります。イタリアには乳幼児教育について国が定める指針がないので、各市は独自の指針を設けています。レッジョ市では「教育はすべての子どもの権利であり、コミュニティの責任である」という宣言に始まり、街全体で豊かな教育づくりに取り組んでいます。※1 本稿では、レッジョ・エミリア市の歴史と地域に視点をあて、その創造的な教育の源泉のありかを探求してみましょう。

古きよき伝統的な街並みと新しいシンボル

レッジョ・エミリア市があるエミリア・ロマーニャ州はチーズ、生ハム、ワインの産地として知られ、日本でも有名なパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズは「レッジョの」という意味があります。レッジョ・チルドレンの拠点であるローリス・マラグッツィセンターも、元々はチーズ工場だった場所をリノベーションして使用しており、この地と農産物の関わりの深さを伺えます。古い教会や伝統的なヨーロッパ建築が残る中心市街地から少しはずれると、周りには葡萄畑が広がり、美しく穏やかな街並みを残しています。また、イタリア国旗である三色旗が最初に掲げられた街でもあり、文化的、歴史的な遺産も数多く存在します。
 
(レッジョ・エミリア・AV・メーディオパダーナ駅 長さ483m、高さ約20mで続く波のような稜線が圧巻) 

2013年6月にはスペインの建築家サンティアゴ・カラトラーヴァ(Santiago Calatrava)が設計した、レッジョ・エミリア・AV・メーディオパダーナという名の駅が開設しました。この駅はミラノまで40分、フィレンツェまで1時間ほどで行くことが可能な高速鉄道の駅です。建築の骨組みが彫刻的な造形となり、青空に映える白が流麗に波打つ駅は、レッジョに壮大な景観を加えました。レッジョ市民は当初建築家がスペイン人ということで反発を感じていたようですが、この美しい駅舎を見てからは誰も不満を言う人はいなくなったということです。

民主主義に基づく共同体の形成

そんな穏やかな街にはレッジョ・アプローチが発展する土壌が歴史的背景に見られます。

レッジョ・アプローチの軌跡は第二次世界中のレジスタンス運動に発します。もともと強力な社会主義の伝統があったレッジョの地では、それが故にムッソリーニによるファシスト政権下で抑圧の対象となりました。そして、ファシスト政権の崩壊をレッジョ市民は熱狂をもって歓迎しました。レッジョ市民は、戦争によって荒廃した土地と精神に打ち勝ち未来を創造するため、ナチスが残した戦車や軍用トラックをスクラップにして売り払い、自分たちでレンガを焼き、手渡しで運び校舎を作りました。戦後の荒廃を経て国の建て直しに直面し、子どもたちへ豊かな未来を受け渡すことを誓い、自ら新たな学校を創設した心意気は、素晴らしいとしか言いようがありません。すべては、市民が未来のために立ち上がったことから始まったのです。

当初はまさに市民の手弁当で始まりましたが、60年代にイタリア初の公立幼児学校として認可され、市民と行政の協働体制が形成されていきました。当時カトリック教会ではない幼児教育施設が市民権を得ることは大変な困難を要しました。しかし、この市立として認められる、ということは重要な意味を持ち、それは「市民が参画して子どもを育てる」という当事者意識を高め、地域全体での教育の在り方の基盤を築きました。1994年には子どもの権利と可能性を擁護し促進する国際的ネットワーク「レッジョ・チルドレン」が組織化されました。現在でもレッジョ・チルドレンが市立の園を管轄し、指導者の養成等様々な面で重要な役割を果たしています。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。