ひみつ基地

2016年11月号 vol.45

記者: yusuke_imai

1986年兵庫県神戸市出身。関西学院大学 社会学部卒業
公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 代表理事

小学2年生のときに阪神・淡路大震災を経験。

大学時代は、青少年育成活動を行う特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーに所属。大学2年生時より同法人不登校関連事業部代表を務め、不登校の子どもを支援。不登校の子ども達に対する学習支援員の育成や国内外でのワークキャンプ事業の立ち上げに尽力する。

大学卒業後、株式会社日本公文教育研究会(KUMON)に入社。東京都東村山市に新設した本部直営教室の指導責任者を経て、教室コンサルタントとして勤務。フランチャイズ教室のコンサルティング業務を通して、地域の子ども達の教育支援に携わる。

その後、2011年3月11日に発生した東日本大震災を契機に同社を退職。チャンス・フォー・チルドレン(CFC)を設立し、代表理事に就任。東北に拠点を置いて活動を開始する。

現在は、国内の教育格差を是正するために、関西や東北の貧困世帯の子ども達に対して、塾や習い事等で利用できる学校外教育バウチャー(クーポン)を提供している。

記事一覧

「子どもの貧困」を一括りで考えるのは大きな間違い!-日本の目に見えない「子どもの貧困」の全体像とは? (2016/08/29 13:28) from 2016年10月号 vol.44      Like
所得格差による子どもの教育格差を埋める新手法「学校外教育バウチャー」の仕組みと特徴とは?(後編) (2015/08/17 15:14) from 2015年10月号 vol.32      Like
震災による家庭の経済状況の悪化が子どもの教育・希望格差に-「被災地・子ども教育調査」中間結果レポート (2015/02/05 11:34) from 2015年3月号 vol.25      Like
所得格差による子どもの教育格差を埋める新手法「学校外教育バウチャー」の仕組みと特徴とは?(前編) (2015/01/26 11:59) from 2015年2月号 vol.24      Like
子どもの貧困を「親の自己責任」で片づけるのは悪化の一途-過去最悪と聞いても実感が持てないアナタへ (2014/05/30 16:22) from 2014年8月号 vol.18      Like
阪神淡路大震災が警告する今子ども達に迫る危機とは?-震災によって表面化した子どもをめぐる潜在的課題 (2014/01/17 19:07) from 2014年3月号 vol.13      Like
「子どもの貧困」問題を解決する3つの政策手段-「子どもの貧困対策法」を絵に描いた餅にしてはいけない! (2013/12/18 22:36) from 2014年2月号 vol.12      Like
「日本に貧困の子どもなんて本当にいるんだろうか?」と思っているアナタにまず知って欲しいこと-相対的貧困と絶対的貧困という2つの定義 (2013/11/20 16:19) from 2013年12月号 vol.10      Like
今なお続く被災家庭からの悲痛な声-被災地で急速に広がっている「子どもの貧困」とは? (2013/08/30 16:30) from 2013年09月号 vol.7      Like
日本の子どもの教育費の現状②-教育格差の原因は学校外教育にある (2013/07/15 13:44) from 2013年08月号 vol.6      Like
日本の子どもの教育費の現状①-教育費は親が負担すべきが当たり前 (2013/07/09 17:10) from 2013年07月号 vol.5      Like
拡大し続ける子どもの貧困~結局、日本の教育格差はどこで生まれるのか?~ (2013/06/03 18:45) from 2013年06月号 vol.4      Like

バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号 vol.44

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2016年09月号 vol.43

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2016年08月号 vol.42

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...