ひみつ基地

2014年3月号 vol.13

記事タイトル一覧

異常と日常の間で今も見えない不安に悩み・葛藤している!-福島の親と子どもの複雑な胸のうちとは?

記事テーマ:pick up

(活動場所での集合。夏場でもマスクをしている。) ◆ 福島で生き続けることを選択するということ東日本大震災が発生した後、福島第一原発事故の影響で屋外活動が制限されている福島県の子どもたちの支援を行ってきました。せめて学校の長期休暇に、何の心配もなく、思...

shinshi_tooru shinshi_tooru

今、被災地の子ども・家庭支援が直面する新たな問題とは?-「被災者」と一括りにはできない!「個別化」していく課題

記事テーマ:column

(子ども支援団体や仮設の見守り支援員対象の、虐待防止セミナーを実施)◆ 「個別化」して見え難くくなっていく課題 私は2011年の秋、子どもに関わる復興支援の活動をしようと、愛知県から宮城県仙台市に移り住みました。最初の一年間は受験生を対象とした学習支援...

iwakiri_chika iwakiri_chika

阪神淡路大震災が警告する今子ども達に迫る危機とは?-震災によって表面化した子どもをめぐる潜在的課題

記事テーマ:column

東日本大震災から3年。震災によって子どもたちの教育環境は一変しました。言うまでもなく、子どもの成長は、本人の生まれ持った能力以上に、その環境が大きく影響を及ぼします。子どもたちをめぐる教育環境は、この3年でどうなっているのか。被災地の子どもたちの「今」に...

yusuke_imai yusuke_imai

4年目に入る被災地。子ども「だけ」の支援では子どもを救えない。-NPOが使命を果たすためにすべきただ一つのこと

記事テーマ:column

(宮城県石巻市・TEDICの学習支援の様子) ◆ 深刻な子どもを取り巻く環境ある男の子がこんなことをつぶやきました。「親が精神疾患、アルコール依存症を煩っている。」通院はしているものの、時々、家の中で大声を上げたり、物を投げたり、自分の感情をコントロー...

yu_monma yu_monma

「復興」という特別な予算が見え難くさせるもの-本質的な課題を歪ませる「復興予算」の現実

記事テーマ:column

(東北復興の現状を知る「東北スタディツアー」へ参加した高校生) ◆ 東日本大震災で生まれた、もうひとつの津波「これは大きい地震だぞ!!!」 2011年3月11日、東日本大震災の発生時、私は経済産業省の11階の会議室にいました。当時、経済産業省がすすめ...

ymenjo ymenjo

バックナンバー(もっと見る)

2017年03月号 vol.49

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2017年2月号 vol.48

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...

2017年1月号 vol.47

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します!各分野の実践家が...