ひみつ基地

2019年12月号 vol.82

記事タイトル一覧

不登校の子どもに未だ「学校復帰」を目標とする「適応指導教室」-政策と現場が乖離する(学校)適応指導教室という実態

記事テーマ:pick up

不登校の子どもたちが16万人を超え、過去最高を更新し続けています。子どもたちが不登校になった際に、行く先の候補としてまず挙がるのが、自治体が設置している教育支援センター(適応指導教室)やNPOなどの民間団体が設置しているフリースクールです。今、この自治体...

editorial_desk editorial_desk

日本の性教育を変え、子どもを性被害から守る!-行政や学校、専門家が取り組む日本の先進事例5選

記事テーマ:column

時代遅れと言われている日本の性教育。ニュースや新聞などのメディアでも、子どもたちの性被害の話題が取り上げられるようになってきました。世界の潮流に追いつくには、まだまだ時間がかかりそうですが、行政や学校、専門家、保護者などが問題意識を高め、連携を図っていく...

asuka_someya asuka_someya


インクルーシブ教育を実現するカナダの教育制度とは?(後編)-子ども一人ひとりの特性を重視した指導と教育環境の整備

記事テーマ:column

カナダでは、障害者や健常者といった枠もなくして、個人の才能を伸ばし、お互いの違いを尊重することを大切にしています。そして、共生のあり方を学ぶインクルーシブ教育を実現させています。日本がこれからインクルーシブ教育を進めていくうえでの参考になる仕組みをご紹介...

miwa_csuka miwa_csuka

子どもが安心して過ごせる児童館という居場所を守る-利用者だった“やんちゃ少年”が、全国の児童館職員の「伴走者」に

記事テーマ:Interview

日本全国で活動する児童館等の支援組織として設立した一般財団法人児童健全育成推進財団。ここで職員に向けた研修プログラム運営や運動遊びの普及活動等に従事する袋布信哉は、もともと中学生のころから児童館に通っていた利用者でした。茶髪の"やんちゃ少年"だった彼が、...

editorial_desk editorial_desk

【求人情報・2019年12月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選-学校外教育支援、乳幼児保育、町営塾、生活困窮や発達障害等の子どもの支援、保育家具

記事テーマ:recruit

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰...

drive drive

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.81

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年10月号 vol.80

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2019年9月号 vol.79

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...