ひみつ基地

2016年1月号 vol.35

恋愛が始まるのも深めるのもネットから-若者の恋愛・コミュニケーションの変化に応じた性教育とは?

2016年09月09日 16:22 by asuka_someya
Facebook、LINE、Twitterなどの様々なSNSがコミュニケーションの手段として世の中に定着していますが、皆さんは何を使っていますか?実は、世代によってかなり使うツールや使い方が異なり、今、若者のコミュニケーションや人間関係のあり方がガラパゴス化しつつあると言えます。前回の記事(日本の10代の妊娠中絶は1日約53件!他人事ではない若者の性のリアル-性教育が性行動を助長するという誤解)では、若者の分極化する性の現状と求められる対策についてまとめましたが、今回はその背景にある若者の恋愛・コミュニケーションの変化について迫りたいと思います。
 

Photo by GU/古天熱
 
ネットからの出会いや恋愛が日常化しつつある若者世代
 
とある中学生が「ネットで出会った人に会いに行く」と言っていたら、あなたはどう思うでしょうか?「なぜ?」「危ない!」「やめておけ!」という意見もあれば、「普通のことじゃない?」という反応もあるかもしれません。ベネッセ教育総合研究所の2014年調査(ベネッセ教育総合研究所 中高生のICT利用実態調査2014)によると、インターネットで知り合った人がいる人(ネット利用者の約4分の1)のうち、直接会った経験のある人の割合は、中学生23.6%、高校生34.7%であり、決して珍しいことではなくなってきています。

現在の中高生は、幼い時からデジタル機器やインターネットが当たり前にある環境で育ってきており、総務省の2014年調査でもソーシャルメディアの使用も、10代・20代の使っているメディアは他の世代と大きく異なることが分かっています。(総務省:平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査
 
 
さらには、私たち30代世代が若い頃に、カップルで撮ったプリクラを友達に配っていたのとおそらく同じような感覚で、動画共有SNSで「カップル動画」を投稿することが流行っているようです。その動画の中では顔を隠さず、中には制服姿でキスをする動画を投稿する人もいます。ネットでの出会いをきっかけとする男女交際も広がりつつあり(リクルートブライダル総研「恋愛観調査2014」)、出会いや恋愛の場にネットによるコミュニケーションが若者世代に大きく関わってきているのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本では当たり前?子育ての「暗黙のルール」に困る外国人保護者-外国人保護者の「あるある話」で終わらせてはいけない

2017年09月号 vol.55

高校中退のひとり親の学び直しを支える-将来の選択肢を広げる!学び直しを阻むいくつものハードルとは?

2017年08月号 vol.54

無料塾の目標・成果を「学力向上」や「高校進学」にするな!-「社会的自立」を阻害する高校以降の三大リスクとは?

2017年07月号 vol.53

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...