ひみつ基地

2013年06月号 vol.4

その褒め方は子どもにとって逆効果です!

2017年02月08日 18:34 by editorial_desk


古今東西問わず子どもを伸ばすための様々な教育方法が紹介されていますが、多くの方法に共通する概念に「子どもを褒めて伸ばす」という考え方があります。育児に関する本でも必ずといっていいほど「子どもを褒めよう」という言葉が出てきます。確かに大人でも褒められて悪い気になる人はあまりいませんし、子どもを褒めること自体に異論を唱える人は少ないと思います。しかしながら、当然としてなんでもかんでも褒めれば良いということではありませんし、どのような褒め方が子どもの成長にとって効果的なのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

2016年12月号 vol.46

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月号 vol.33

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

2015年09月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...