私は、子どもの貧困対策に取り組む一般財団法人「あすのば」で、事業運営に子どもの声を届ける役割を担う学生理事の高橋遼平と申します。子どもの貧困対策に取り組むきっかけになったのは、中学1年生の時に父が会社の借金を自分の生命保険金で支払おうと自殺し、しかし、自殺の免責期間で保険金がおりず、母が自己破産して困窮状態を経験したことでした。 

この記事で、お伝えしたいことは、進学の意欲を持っている子どもたちが、貧困の状態にあるときに、立ち向かうことになる「壁」についてです。①中学から高校へ進学する時の「壁」と、②高校から大学へ進学する時の「壁」の2回に分けて説明します。

「進学の意欲を持つことができる」という子どもたちは、「将来のことを考える余力がある」という点で、貧困状態にある子どもたちの中では、比較的まだ生活が安定している方に当てはまると思います。本記事が念頭に置いているのは、厚労省の調査で約300万人とされている貧困状態の子どもたちの中でも、かなり「まし」な子どもたちが経験する「進学での不利」となります。

「結果的になんとかなる人もいるかもしれないが、やはり、競争の条件としては不利だ」ということを議論していく上で、また、そもそも進学を考える余力すらない子どもたちに対し、自助努力を求めることは全くのナンセンスだと思います。
 

(「山手線一周街頭募金」で支援金を募る一般財団法人「あすのば」理事の高橋遼平さん)
 
中学から高校への進学の「壁」
 
「どの高校に通うか」ということは、卒業後に大学などへの進学を希望するかどうかを基礎づけます。「進学することが当たり前」と考える同級生たちに囲まれて生活し、進学することをサポートするための体制が整っている高校へ通うことになれば、進学しようと考えることが自然になるはずです。

ただ、多くの場合、そのような高校は、倍率が高く、高校入試で高い成績を取ることが求められます。そして、入試で高い成績を取るためには、試験の出題範囲を記憶し、問題に答える応用力を身につける必要があります。そのためには、一定の勉強時間を確保し、実際に勉強することが必要ですが、勉強に当てることのできる時間や気力などには限界があるため、試験の傾向を理解し、より出題される可能性の高い分野に取り組んで、勉強の効率を高める必要があります。

勉強時間と効率が、高校受験において重要な中で、その2つを確保するためには、生活の安定に加えて、塾などの学校外教育と、勉強に割くことのできる時間や気力などが必要です。まず、「大学などへの進学意欲を持てるか」を左右する高校選びの段階で、中学生が経験する進学の「壁」を説明します。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。