Eduwell Journal

2016年3月号 vol.37

東京都23区児童・生徒一人当たりの学校教育費ランキング-義務教育の地域間格差!小学校で約3.1倍、中学校で約4.7倍の差があり!

2016年03月10日 12:59 by eduwell_journal
 
「日本の公立小学校・中学校は、どこも同様の教育水準である」と思われている方は多いのではないでしょうか?教育基本法の中では、教育の機会均等が記載されていることから考えれば、公教育の内容・程度について水準の維持向上が図られているはずです。公立の小学校・中学校の教育は、税金を財源に行われ、どこに住んでいるかによって左右されず、どこでも同様の教育が受けられると考えられていますが、各自治体の税収・財源によって左右されていることはないのでしょうか?
 
学校教育費の財源は、国(国庫補助金)、都道府県(都道府県支出金)、市区町村(市町村支出金)、地方債などから成り立っています。それぞれが占める割合は、都道府県によって異なりますが、東京都の場合、平成26年度(平成25会計年度)からその割合を算出すると、国:11.38%、都:56.80%、市区町村:28.68%、地方債:3.14%となっています。(※市区町村の支出には、地方交付税や家族から徴収された授業料、入学金、検定料等が含まれます)では、同じ東京都内の23区内で児童・生徒一人当たりの学校教育費に差があるのでしょうか?ランキング形式で調べました。23区内でも大きな地域間格差があることが明らかになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

オンライン教育の利用が難しく、学習や進路への不安を抱える-生活困窮世帯における新型コロナの影響調査レポート

2020年7月号 vol.89

新型コロナウイルス感染症予防の学校再開ガイドラインを読み解く-学校再開後の授業や学校行事はどう変わるのか?

2020年6月号 vol.88

韓国の学校や市民が取り組む「民主的な教育」とは?④-平和教育の「PEACE MOMO」。進路を拓く「クリキンディセンター」

2020年6月号 vol.88

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年5月号 vol.87

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...