ひみつ基地

2016年3月号 vol.37

東京都23区児童・生徒一人当たりの学校教育費ランキング-義務教育の地域間格差!小学校で約3.1倍、中学校で約4.7倍の差があり!

2016年03月10日 12:59 by editorial_desk
 
「日本の公立小学校・中学校は、どこも同様の教育水準である」と思われている方は多いのではないでしょうか?教育基本法の中では、教育の機会均等が記載されていることから考えれば、公教育の内容・程度について水準の維持向上が図られているはずです。公立の小学校・中学校の教育は、税金を財源に行われ、どこに住んでいるかによって左右されず、どこでも同様の教育が受けられると考えられていますが、各自治体の税収・財源によって左右されていることはないのでしょうか?
 
学校教育費の財源は、国(国庫補助金)、都道府県(都道府県支出金)、市区町村(市町村支出金)、地方債などから成り立っています。それぞれが占める割合は、都道府県によって異なりますが、東京都の場合、平成26年度(平成25会計年度)からその割合を算出すると、国:11.38%、都:56.80%、市区町村:28.68%、地方債:3.14%となっています。(※市区町村の支出には、地方交付税や家族から徴収された授業料、入学金、検定料等が含まれます)では、同じ東京都内の23区内で児童・生徒一人当たりの学校教育費に差があるのでしょうか?ランキング形式で調べました。23区内でも大きな地域間格差があることが明らかになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

多様な教育の博覧会「エデュコレ」に行ってみた!-従来の枠組みにとらわれない新しい教育が一堂に会する

2017年12月号 vol.58

積極的な「アウトリーチ」で、非行を未然に防ぐ取組みとは?-被害者・加害者のどちらも生み出さないために

2017年08月号 vol.54

大学生や社会人にオススメ!過疎地の農業を支援する援農ボランティア-都市と田舎をつなぐ新しい交流のカタチ

2017年03月号 vol.49

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...