ひみつ基地

2016年5月号 vol.39

子どもが「発達障害かな?」と思ったらやるべき3つのアクション-子育て中に注意する5つの特徴をチェック

2017年09月07日 10:05 by hitomi_kuma_73

子どもを産み育てること。これほど素晴らしく、愛おしいことはありません。どんな親御さんも、未来に希望と覚悟と不安を抱きながら、我が子の誕生を待つことでしょう。生まれてからは、一気に親としての生活が始まります。我が子の可愛さを噛み締めながらも、怒涛のような子育てのハードルにヘトヘトな毎日。あっという間に日々が過ぎ去ることでしょう。

そんな日々の中、絶対に見逃さないで欲しいこと。それは、我が子に関する「あれ、他の子と違うかも」「あれ、こんなことが出来ないのかな?」という感覚です。これは、お子さんの発達に関するとっても重要なサインであり、親御さんが一人で悩んでも解決しにくい問題です。
 
「あれ?」という感覚は、もちろん取り越し苦労の場合もあります。しかし、ちょっとした発達の遅れや、何らかの発達障害に関連する場合もあるのです。(参考記事:68人に1人が自閉症!?自閉症の子どもは急増しているのか?-社会の都合によって変化する発達障害の定義
 
いずれの場合も「療育」は、薬にはなっても毒になることはありません。何もなかったら、「良かった」と切り替えれば良いのです。療育は早ければ早いほど効果が大きいので、不安感や世間体などで、お子さんの発達のチャンスを見逃さないよう、まずは考えるより先にとって欲しいアクションを3つご紹介します。

アクション1.Webの発達チェックリストと照らし合わせてみる

まずは、「発達障害 子供 チェックリスト」とインターネットで検索し、複数のサイトを確認してみましょう。

お子さんの特徴として注意してみるべきポイントがわかってくると思います。乳幼児健診や母子手帳などにも使われている幼児期の自閉症チェックリストM-CHATの項目も検索すると出てきますので、参考にしてください。以下に、よく取り上げられる行動を書いておきます。

国立精神・神経センター精神保健研究所:日本語版「乳幼児期自閉症チェックリスト修正版」(Modified Checklist for Autism in Toddlers/M-CHAT)

【運動面】
・つま先立ちや、抱っこ時の反り返りがある。
・歩き出しが遅い、手先が不器用である。

【コミュニケーション面】
・人の手をクレーンのように使って要求を叶えようとする。
・アイコンタクトが少ない。
・指差しが少ない。
・名前を呼んでも振り向かない。
・自分の見つけたものを持ってきて見せる、指差すといった行動がみられない

【言語面】
・3才になっても言葉が出ない。
・かけられた言葉のおうむ返しやTVなどの真似が多い。
・独り言が多い。
・要求語ばかりを話す。

【遊び面】
・並べ遊びや何かを横目で見るといった感覚遊びをする。
・ごっこ遊びをしない。
・子ども同士で遊ぶことができない。
・くるくる回るものや水などを好む。

【こだわりや癇癪(かんしゃく)】
・特定の並べ順や道順、服装、などにこだわる。
・こだわりや要求が叶えられないと奇声をあげる。
・ひっくり返るなど癇癪を起こす。
・理由もなく癇癪を起こす。

※癇癪(かんしゃく):ちょっとしたことにも感情を抑えきれないで激しく怒り出すこと

「あれ?」という感覚に加え、以上の行動に3つ以上心当たりがあったら、アクション2に進みましょう。アクション1と並行して、保育園や幼稚園、祖父母に意見を聞ける場合は聞いても良いですが、お母さんの感覚を1番に信じて行動してください。

おすすめ検索ワード: 発達障害・子ども・チェックリスト・M-CHAT

アクション2.保健所や療育センター、区役所の福祉課などに連絡する

子育てに悩んでいて、かつ上のリストに3つ以上心当たりのある行動がある場合は、地域の窓口にすぐに相談してください。ネットで、「○○(お住まいの地域)区 子育て支援」「○○区(市) 療育」と打ち込むと、最寄りの窓口につながる情報が出てきます。とにかく電話をして、「子どもの発達が気になるのですが、評価や支援をうけるにはどうすれば良いですか?」と伝えれば、適切な窓口につないでくれるはずです。療育センターの医師の診察などは数ヶ月待つのは当たり前、な所も多いですから、やはり早く動き出す必要があります。乳幼児健診が近い場合には、検診の場で相談してもよいでしょう。障害や療育などの言葉にどうしても抵抗がある場合は、子育て支援の場にまずは出かけてみるのも一つです。

おすすめ検索ワード: ○○区(市)・子育て支援・療育センター・福祉課 

アクション3.自分でも療育を学ぶ、探す

アクション2がきちんと行われ、お子さんに療育の必要性があった場合には、遅かれ早かれ地域の療育をうけることが出来るようになるでしょう。ただし、ここでもう一つ行動することが、とっても重要です。
 
残念ながら、日本の地域で受けられる療育は、量や質ともに必要十分とは言い難いのが現状です。地域の受け皿が足りておらず、回数が月に1回と極端に少ない場合もあります。また、内容も、地域ごとに専門性にばらつきがあり、結果的に経過観察に近くなってしまう場合も少なくないのです。お子さんの幼少期は何者にも代え難い貴重な時間で、療育の効果も1番出やすい時期です。ぜひ、しっかり情報収集を行って、お子さんに合った最適な療育を探してみてください。
 
海外などの研究で最もエビデンスが示されている療育方法は、応用行動分析(ABA)と言われる指導法です。(参考記事:早期療育で自閉症の症状は改善する!-謂れなき偏見や誤解が本人やその家族を悩ませる!)お子さんの癇癪に代わるコミュニケーション行動を教えたり、言葉が出ていない場合は音声の模倣など言語につながるスキルを1つ1つ丁寧に指導したりと、お子さんの具体的な行動の変化を生み出すには、個別の集中的な療育が重要です。地域にそういった指導をしてくれる場所がない場合は、テキストやメーリングリストで家庭療育をサポートしてくれる親の会もありますので、ぜひ、ご家庭でも療育を行ってみてください。
 
おすすめ検索ワード: ○県や○区(市)・ABA・児童発達・家庭療育・つみきの会・早期集中療育

「様子を見ましょう」は要注意!

最後に、1つ気をつけてほしい言葉があります。それは、「様子を見ましょう」という言葉です。これは、人が決断に確信をもてない場合や決断を先延ばししたいとき、色々な場で使われる便利な言葉です。私が出会った親御さんの多くは、「あの時、様子なんて見ないですぐに動き出していれば良かった。」と後悔されています。子どもが療育によって最も可能性を広げられる時期は、基本は就学前の2、3年であり、そう長くはありません。我が子の未来の可能性を最大限に広げてあげるために、行動しながら悩む、考える、をモットーに、すぐに一歩踏み出してほしいと思います。

<オススメの応用行動分析関連の書籍>

  

NPO法人ADDS 共同代表 熊仁美

本記事を書いた記者の記事一覧

関連記事

世界や日本で広がる「森のようちえん」とは?-幼児の自然体験にとどまらない効果と価値

2018年1月号 vol.59

貧困状態の子どもに立ちはだかる「10歳・小4の壁」-自治体に眠るビッグデータから読み解く「子どもの貧困」

2017年12月号 vol.58

塾に行かなくても勉強できるんじゃないんですか?-「スタディクーポン」について代表者に聞いてみた!

2017年11月号 vol.57

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...