Eduwell Journal

2016年6月号 vol.40

映画「さとにきたらええやん」(監督:重江良樹)が全国順次公開!-大阪市西成区釜ヶ崎の子どもの居場所「こどもの里」を描く

2020年02月29日 17:09 by eduwell_journal



日雇い労働者の街・釜ヶ崎で38年間続く子どもたちの集い場「こどもの里」。人情が色濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー映画「さとにきたらええやん」が2016年6月より全国順次公開となります。映画「さとにきたらええやん」は、大阪在住の重江良樹氏がボランティアとして「こどもの里」に通い始めてから丹念に取材し、初監督作品として本作を完成させました。

映画「さとにきたらええやん」上映劇場情報

「こどもの里」とは?

大阪市西成区釜ヶ崎。"日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり活動を続ける「こどもの里」。

"さと”と呼ばれるこの場所では0歳からおおむね20歳までの子どもを、障がいの有無や国籍の区別なく無料で受け入れています。地域の児童館として学校帰りに遊びに来る子や一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子だけでなく、子どもの親たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、貴重な地域の集い場として在り続けてきました。
 
本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも力強く成長していく子どもたちと、彼らを支える職員たちに密着。子どもたちの心の揺れ動きを見つめながら、子どもも大人も抱えている「しんどさ」と格闘する人々の切実な姿を描き出しました。
 
「1977年、釜ヶ崎のこどもたちに健全で自由な遊び場を提供したいとの思いから、こどもたちの遊び場(ミニ児童館)「子どもの広場」としてスタート。1980年に現在の場所で「こどもの里」を開設以降、放課後の子どもたちの居場所としてだけでなく、生活の不安定さに揺れる子どもたちや親たちのサポートをし続けている。家庭環境によって行き場のない子どもたちのニーズも高まり、緊急一時保護の場、生活の場の提供も。2013年、大阪市の「子どもの家事業」を廃止を受けて存続が危ぶまれたが、「特定非営利活動法人(NPO法人)こどもの里」を設立し、現在も変わらず、こどもが安心して遊べる場の提供と生活相談を中心に、常にこどもの立場に立ち、こどもの権利を守り、こどものニーズに応じる、をモットーに活動を続けている。」

● 「児童養護」に関する記事一覧


関連記事

新型コロナによる影響で存続の危機に直面する自然学校-被害総額は約18億円。6割超の団体が経営に影響。

2020年4月号 vol.86

創刊8年目を迎え、メディア名称とロゴを刷新-「ひみつ基地」から「Eduwell Journal」へ

2020年2月号 vol.84

「妊娠したかも」と思った時に無料で相談できるLINEボット-「にんしんカモ相談」をNPO法人ピルコンが提供開始

2019年2月号 vol.72

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年7月号 vol.89

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年6月号 vol.88

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...

2020年5月号 vol.87

本メディアでは、子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・...