ひみつ基地

2016年07月号 vol.41

「自分から進んで勉強する子」に育つために必要な幼児期の学びとは?-学習態度を形成する要素の調査分析

2016年07月08日 11:02 by editorial_desk

幼稚園や保育園から上がってきた小学1年生が、学校生活になじめず、授業中に騒いだり、動き回ったりする問題を「小1プロブレム」と言います。近年、メディアでも多く報じられ、実態も明らかになってきました。(学級崩壊を招く「小1プロブレム」(小1問題)とは?-五校に一校の小学校が直面する「大きな段差」の実態)幼稚園や小学校の現場でも様々な対策の試行錯誤が行われています。

幼稚園や保育園から小学校へ移行する時期は、幼児期から児童期に入り、学習生活がはじまる重要な時期です。幼児から小学生になる時期、どうしたら子どもは自分で考え、解決していけるようになるのか?また、家庭で保護者はどのような関わりをしていけば良いのでしょうか?国内で年少児(3 歳)から小学1年生までの4年間で行われた縦断調査の貴重なデータを基に考察します。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

多様な教育の博覧会「エデュコレ」に行ってみた!-従来の枠組みにとらわれない新しい教育が一堂に会する

2017年12月号 vol.58

積極的な「アウトリーチ」で、非行を未然に防ぐ取組みとは?-被害者・加害者のどちらも生み出さないために

2017年08月号 vol.54

大学生や社会人にオススメ!過疎地の農業を支援する援農ボランティア-都市と田舎をつなぐ新しい交流のカタチ

2017年03月号 vol.49

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...