ひみつ基地

2013年07月号 vol.5

自立できない子ども?自立させない大人?-なぜ、子ども・若者の現状がこれほど深刻なのか

2017年02月08日 18:29 by takayuki_kawashima


◆ 日本(人)と仕事をする意味が無い


私は、総合商社系の上場会社で社長をしている関係から、外国人と接する機会が多くありますが、「外国人の日本(人)への期待が年々低下している」と実感しています。そう、Japan As No.1と言われていた時代は遠く過去のものとなり、「日本(人)と仕事をする意味が無い」という耳の痛い言葉を、多く聞くようになりました。

なぜ、そうなっているのでしょうか?いくつもある要因の中で、最も大きいのが「日本人には、自立した人が少ない」からだと思います。私のビジネス相手となっている外国人の多くは、例え若くても役職が低くても、自らの意見を堂々と述べ、自ら結論を出すことができ、考えが違えば徹底的に議論をしてきます。また、自分の仕事に誇りやアイデンティティを持っている人も多くいます。

子ども教育に関するマガジンで、いきなりビジネスの話題を出して恐縮ですが、私は、PTA会長、少年野球コーチ、子ども関連NPOなども担っています。そして、今の子ども教育は、上述した「自立していない日本人」を更に増やしていくことになるのではと、強く危惧しています。

そこで、「ビジネスの経験」と、「子ども教育の経験」という2つの側面から記事を書きたいと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本では当たり前?子育ての「暗黙のルール」に困る外国人保護者-外国人保護者の「あるある話」で終わらせてはいけない

2017年09月号 vol.55

高校中退のひとり親の学び直しを支える-将来の選択肢を広げる!学び直しを阻むいくつものハードルとは?

2017年08月号 vol.54

無料塾の目標・成果を「学力向上」や「高校進学」にするな!-「社会的自立」を阻害する高校以降の三大リスクとは?

2017年07月号 vol.53

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年09月号 vol.55

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年08月号 vol.54

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年07月号 vol.53

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...