ひみつ基地

2013年07月号 vol.5

子どもがスキルを身につけるために必要な5つのステップ

2017年02月08日 18:31 by editorial_desk


スポーツや文化芸術活動、体験活動などでは、子どもたちに技術を教える機会がたくさんあります。また、日常生活の中でも道具の使い方などを教える機会も多々あります。子どもたちにスポーツや音楽などを教えている指導者の方々や保護者から「何度教えても出来るようにならない」「丁寧に教えてもなかなか上達しない」という話をよく伺います。もちろん、子どもたち一人ひとりの素養は異なるので出来るようになったり、上達していくスピードは違います。しかしながら、子どもたちを上手に教えている方々には、共通する指導のプロセスがあります。出来ないことや上達しないことを子どものせいにしてはいけません。子どもたちにスキルを教えるうえで、基礎となる指導方法について述べたいと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どものイヤイヤ期に寄り添うために、トコトン大切にしたい4つのこと-その場しのぎにならない接し方を考える

2016年12月号 vol.46

子どもの成長過程に思春期や反抗期がある本当の理由-小手先のノウハウよりも知っておくべき一つのこと

2015年11月号 vol.33

子どもの仲間同士や親子の対立をちからに変える-お互いの考えを尊重し、意見が違うことを楽しむために

2015年09月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年1月号 vol.59

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年12月号 vol.58

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2017年11月号 vol.57

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...