ひみつ基地

2016年10月号 vol.44

子どもの運動能力を高めるために必要なこと(前編)-幼児期の苦手意識から運動嫌いに!一斉指導よりも自由遊び!

2017年09月08日 10:35 by editorial_desk

過去最高のメダル獲得数で、8月末に華やかに幕を閉じたリオオリンピック。オリンピック選手の華々しい活躍に、テレビの前で興奮した方も多いのではないかと思います。プロ選手にとって、「順位」や「メダル」はなくてはならないものだと思いますが、一方、一般の私たちが行う運動の中で、「順位」や「メダル」という概念はどこまで必要なのでしょうか?運動というのはそれ自体がそもそも楽しいもので、運動習慣は生涯を通して健康を維持するために不可欠なことです。現在の日本の教育の中で行われている「運動」は、子どもが「運動が好き」「運動って楽しい」と感じ、生涯を通して運動する習慣を身に着けられるものになっているのでしょうか?

幼児期に運動が苦手と感じると、その後も苦手意識を持ち続ける

文部科学省の調査(平成25年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果)では、小学校5年生に対して、小学校入学前、1~2年生時、5~6年生それぞれの時期において、運動に対する意識がどのように変化していくのかを調査しています。その結果、女子生徒においては入学前に「苦手」と感じていたのは26.9%ですが、小学校5年生になった時に「ずっと苦手」と感じているのは14.9%と、初めに「苦手」と感じてしまうと、その約6割は、学年が上がっても「苦手」と感じてしまうことがわかります。「苦手だったが得意」に移った割合も14%いますが、「得意だったが今は苦手」が19.4%と、前者よりも割合が高くなっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(前編)~国全体でSTEM教育を推進し、新しいカリキュラムを導入

2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(後編)~五感を使って全身で森と遊ぶ「5センス・プロジェクト」

2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(前編)~御蔵島でイルカと一緒に過ごす「ドルフィンプレイ」

2018年11月号 vol.69

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.70

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年11月号 vol.69

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...