ひみつ基地

2016年10月号 vol.44

「やりがい」だけの教育・学習支援業から脱却できるか?-以前よりも労働時間が増加し、疲労蓄積度も高水準

2016年10月09日 22:48 by editorial_desk

近年、国際調査から「世界一多忙な日本の先生」として報じられ、その労働環境の改善が求められています。一方で「人手不足や業務過多なのはどこも同じで、先生だけが忙しいわけじゃない」という意見もあります。日本の他の業種の仕事と比べてみた時に、「教育・学習支援業」の労働環境は、どのような状態になっているのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(中編)~1,000社以上の企業が協力して次世代のSTEM教育に貢献

2019年1月号 vol.71

なぜ、教育支援にも効果の検証が必要なのか?~エビデンスだけで判断しようとすることは危険!

2019年1月号 vol.71

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(前編)~国全体でSTEM教育を推進し、新しいカリキュラムを導入

2018年12月号 vol.70

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年1月号 vol.71

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年12月号 vol.70

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年11月号 vol.69

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...