ひみつ基地

2017年1月号 vol.47

次々と児童館の廃止・再編が検討される理由-児童館は単なる子どもの「無料室内娯楽・余暇施設」なのか?

2017年01月13日 13:46 by editorial_desk



子どもの頃、児童館で遊んだことはありますか?小学校の放課後に近所の児童館へ遊びに行って、室内で漫画を読んだり、ボードゲームや卓球をしたり、外で友達と一輪車やボール遊びをした記憶が筆者にもあります。読み聞かせや体操、工作など乳幼児向けの活動も盛んに行われ、近年は、中高生を対象とした児童館も見られるようになっています。

一方で、近年、児童館が多く設置されていた東京でも廃止・再編の議論がたびたび見られるようになりました。豊島区では児童館を全て廃止し、杉並区でも廃止の議論が行われ、他区でも類似事業との統合・再編の議論が行われています。児童館の設置状況は、平成13年前後から現在まで微減微増を繰り返してほぼ横ばいの状況となっています。今後、児童館の数は、減少していく可能性が高いと筆者は推測しています。なぜ、今、児童館の廃止・再編が進んでいるのでしょうか?調査データを用いながら、児童館の廃止・再編が行われる理由を整理しました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

幼稚園から高校までプログラミング教育を行うカナダ(前編)~国全体でSTEM教育を推進し、新しいカリキュラムを導入

2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(後編)~五感を使って全身で森と遊ぶ「5センス・プロジェクト」

2018年12月号 vol.70

虐待を受けた子どもの心のケアに取り組む(前編)~御蔵島でイルカと一緒に過ごす「ドルフィンプレイ」

2018年11月号 vol.69

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.70

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年11月号 vol.69

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...