ひみつ基地

2017年2月号 vol.48

罪を犯した少年は、いかにして少年審判で裁かれるのか?-少年は罰する存在ではなく、保護や教育をする存在

2017年09月07日 15:06 by editorial_desk


「少年審判」という言葉を耳にしたことはありますか?これは罪を犯した少年たちが受ける裁判のことを言います。最近では、中学生の覚せい剤事件や少年による殺人事件といったニュースが世間を大きく賑わせました。事件を起こした少年たちが、事件後に実際どのような手続きを通じて、「少年審判」を受けるのでしょうか?世間一般に知られているような刑事手続きの流れは、成人が罪を犯した場合であり、少年の場合と大きく異なります。少年審判は成人が受ける裁判とは違い非公開となっており、審判がどのように行われるかは、その当事者しか知ることができません。今回の記事では、罪を犯した少年たちがその後どのような流れで審判を受けることになるのか紹介しながら、「少年」という存在について考えていきたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「子どもの貧困」の支援者が抱える3つの悩み~本当に届けたい子ども、地域の連携、資金調達の違和感

2018年12月号 vol.70

外国人労働者の急増する中で、放置される子ども達の教育問題~日本語がわからないと機能しないセーフティネット

2018年11月号 vol.69

緊急避妊薬・アフターピルが購入し難い日本の現状を変えるべき!~「思いがけない妊娠」を防ぐことで女性の健康や人生を守る

2018年10月号 vol.68

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.70

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年11月号 vol.69

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年10月号 vol.68

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...