ひみつ基地

2017年04月号 vol.50

罪を犯した少年のうち約3%しか少年院に行かない理由-審判を受ける前に、様々な教育的措置が取られている

2017年09月06日 21:55 by editorial_desk
 
「少年が罪を犯す」=「少年院に送られる」というイメージを持っている人も少なくないと思います。しかし、実際はこの想像とは大きく異なります。世間一般に知られているような刑事手続きの流れは、成人が罪を犯した場合であり、少年の場合と大きく異なります。少年審判は成人が受ける裁判とは違い非公開となっており、審判がどのように行われるかは、その当事者しか知ることができません。前回の記事(罪を犯した少年は、いかにして少年審判で裁かれるのか?)に引き続き、今回の記事では、具体的なケースを交えて考えます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本で広がるか?家庭で学習するホームスクールとは(後編)~不登校は時代遅れの教育を察知した子どもの脱出現象

2018年6月号 vol.64

学校教員・教師の働き方改革を進めるために必要なこと~学校が何をしてくれるかではなく、学校のために何ができるか

2018年5月号 vol.63

幸福度世界一のデンマークの教育とは?(前編)~非競争的な教育が根付き、QOL(生きることの質)を重視

2018年4月号 vol.62

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年6月号 vol.64

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年5月号 vol.63

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年4月号 vol.62

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...