ひみつ基地

2018年2月号 vol.60

【求人情報・2018年2月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選-子どもの遊び・学び場、放課後等デイサービス、被災地での研修コーディネート、子どもの人身売買問題、エコ&ソーシャルイベント

2018年03月01日 12:13 by drive

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもや若者たちの未来をつくるお仕事を紹介します。「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」等とお考えの方、どうぞお見逃しなく!


子どもの「おもしろい」を引き出す新施設で専門性を活かす!

オススメ求人その1は、 YAMAGATA DESIGN(山形県)です。

 

「山形庄内で次世代に残す街をデザインする」ことをミッションに、完全地域主導のまちづくりを推進するYAMAGATA DESIGN株式会社では、2018年秋、0歳~12歳の子ども向けキッズパーク「KIDS DOME SORAI(キッズドームソライ)」を山形県内に開設予定です。

民設民営のこちらの施設。オリジナル遊具が設置される約1,000㎡の遊びのドームを中心に、天気に関係なく子どもたちが思いきり体を動かせたり、ワークショップや野外でのさまざまな体験ができたりするなど遊びを軸にした挑戦が満載です。

本法人では、それにともなって、遊びや学びを企画・運営する人材を募集しています。仕事内容は、日常業務ほか体験プログラムの研究・実践など多岐にわたり、地域や子どもたちのニーズをくみ取りながらゼロからものをつくることにもチャレンジ可能。

募集する方に求められるのは、「教育」の枠にとどまることなく、「自分にしかできないもの」を生み出そうとする思いや行動力。ご興味ある方は、これまでのスキルやネットワークを活かしながら新しい遊び場・学び場づくりに関われるこの機会をどうぞお見逃しなく!

新設する放課後等デイサービスの支援スタッフを募集

オススメ求人その2は 株式会社キズキ(東京都)です。


「何度でもやり直せる社会を創る」を理念に、不登校や引きこもりなどを経験した若者の学び直しを支援する株式会社キズキ。本法人では、キズキ共育塾に続き、今年、新たに放課後等デイサービスを開設することが決まっています(場所は東京都町田市を予定)。

募集しているのは、「児童発達支援管理責任者」として、同施設で発達特性の課題(発達障害・グレーゾーン等)をもつ生徒を支援するスタッフ。子どもと保護者、個別のニーズについてまず的確に把握・アセスメントすることから始め、療育の面から支援対象者の方とじっくり向き合う業務とのこと。

そのため、福祉・医療・就労・教育分野での実務経験と、それに基づく専門性を活かすことが求められています。応募の前提となる資格要件(実務経験)も必要となりますので、詳細は募集要項をご覧ください。

たとえ売り上げや収益が見込まれても、理念の達成につながらない事業には取り組まない方針のキズキ。こうした思いに共感した方は挑戦する価値大です。


ここにしかない「学び」を発信する観光プロデューサー候補求む!

オススメ求人その3は、一般社団法人マルゴト陸前高田(岩手県)です。



東日本大震災の津波により、甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市。現在、大規模な復興土木工事が行われており、失われた中心市街地の再生プロジェクトが進行中です。

一般社団法人マルゴト陸前高田は、そんな陸前高田市に思いと関心を寄せてくれる方たちの受け入れ窓口。「交流人口の拡大」を使命に、行政や市内の水産事業者、農業者などの協力を得ながら、「ここにしかない学びの提供」をコンセプトに陸前高田市を訪れる方々の誘致活動と現場のコーディネイトをしています。

募集している観光プロデューサー候補の仕事は、企業や大学の研修、高校の修学旅行などの受け入れ事業のプログラム作成や現地コーディネイト、また気仙地域(陸前高田、気仙沼、大船渡、住田など)の観光面での地域連携調整など。経験不問。

避難中の経験をきっかけに、市民と市外の人をつなげることで新しいまちづくりができる、そういった存在になろうと決意したという理事の伊藤雅人さん。その後も出会いが重なり、本法人が立ち上がったことで「人同士の交流」をとても大事にしている現場です。人との出会いや交流に可能性を感じている方、さらなる可能性を引き出したい方、ぜひご応募を!

子どもが売られない世界をつくる。経営視点をもったマーケティングディレクター募集!

オススメ求人その4は 特定非営利活動法人かものはしプロジェクト(東京都)です。



世界で起きている「売られてしまう子どもたち」の問題をなくす。そのために活動している特定非営利活動法人かものはしプロジェクトが、カンボジアに続いてインドでの人身売買問題に取り組み始めたのは2012年。複雑化するこの問題を解決するにあたり、日本での活動として、ともにこの問題の解決を願うサポーターの獲得に注力しています。(現在、サポーター会員は6,000人。目標は、2020年までに9,000人の方に仲間になっていただくこと)

そのために進めているのが、ウェブコミュニケーションを通したファンドレイジングで、今回募集しているマーケティングディレクターが担うのは、この仕組みの推進を含めたかものはしプロジェクトのファンドレイジング・マネジメント業務。かものはしプロジェクトの活動を支えたいという仲間、また問題解決のために必須の活動資源である資金を集める大切な役割です。

2016年にインド政府が「人身売買防止法(案)」という新しい法律を作ったのを背景に、インドでの活動自体もこの1、2年が勝負どき。コミュニケーションやマーケティング、広告営業などのビジネス経験が活かせるとのこと。ご関心ある方、政府機関などを巻き込みながら社会問題と向き合う現場で自身の力を試してみませんか?

求む!エコ&ソーシャルイベントを企画制作するコーディネイター

オススメ求人その5は、NPO法人ビーグッドカフェ(東京都)です。



1999年、「もっと素敵な社会と生き方」についてともに考える“コミュニティカフェ”イベントの開催からNPO法人ビーグッドカフェの活動はスタートしました。現在は、企業や官庁などと一緒に、CSRプロジェクトとして主にイベントを通して社会に発信する事業を行っています。

イベントの対象は子どもから大人まで幅広く、地域活性化、エコ、防災などをテーマに取り組んでいますが、共通するのは「持続可能な社会」を目指した活動であること。今回の募集は、より環境問題が複雑化するなかで、これまでにない新しいアプローチが世の中から求められていると感じたことが背景としてあります。

コーディネイターとして担当するのは、子ども向けのサマーイベントと、大型エコイベントでの環境啓発企画の予定。地方行政や教育機関、NPOなど立場の異なるさまざまな人たちと協力しあいながら一つのプロジェクトをまとめあげていく。何事にも臨機応変に対応する能力が問われますが、達成感の大きな仕事です。テーマにご関心のある方はもちろん、ご自分のアイデア力を発揮したい方、ぜひエントリーを!

 
※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。
 
 


関連記事

【求人情報・2018年5月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~IT教育、オンライン学習、きずなメール、地域に開かれた保育園、つながる公共施設

2018年5月号 vol.63

【求人情報・2018年4月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選~防災、森の自然体験、キャリア教育、アジア新興国での課題解決、民際協力

2018年4月号 vol.62

【求人情報・2018年3月号】子どもや若者の世界を変える仕事5選-公教育変革、学習支援、子どもの自立支援、遺児の教育支援、被災地でのチャレンジ支援

2018年3月号 vol.61

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年5月号 vol.63

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年4月号 vol.62

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...

2018年3月号 vol.61

今月も子どもや若者の支援に関する幅広い情報をご紹介します。各分野の実践家が...